2008年1月14日月曜日

【LDAP】Thunderbirdのアドレス帳にldapを利用する

Ldap側でメールの表示名にしたいスキーマを「displayName」というスキーマで定義していた場合、Thunderbirdのアドレス帳でちゃんと表示させる方法

参考にしたのが、ここここ

ツール→オプション→詳細→設定エディタ

を起動。

「displayName」とかでフィルタをかけると「ldap_2.servers.default.attrmap.DisplayName」が出てくるので、その値をldapに設定した値「displayName」とかに変える。

image

あとはThunderbirdを再起動すればちゃんと表示されるはず。

そして、オプション→編集→編集とアドレス入力でディレクトリサーバを使った自動補完を有効にすれば、メールアドレスを入力する際に自動で補完してくれるので便利。

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives