2008年2月26日火曜日

ActiveMQを調査

ActiveMQとはプログラム間で非同期で通信を行うための手助けをしてくれます。

詳しくはここ

ActiveMQを導入すると、送信側システムはActiveMQに対してやってほしいコマンドをただ送信するだけでよく、受信側システムはActiveMQにアクセスすれば順番どおりにコマンドを実行できます。

さらにコマンドを一塊で送受信できるので、システム間で連携するときに役に立ってくれそう。

この辺にも書いてありますが、他のデータベースも使えるので汎用性はありそう。

Apache ActiveMQ

PHPで試すときはここを参考に。

心配したのはセキュリティ。誰とも知らない人にメッセージを横取りされては困る。JAAS認証機能というのがあるらいいですが、プログラムからどう利用するのかはわからず。

別にコマンドぐらい知られてもいいかな・・・。

Aシステムが1、2、3、のメッセージを受け取ったらBシステムは4から?Bシステムも1からメッセージを受け取りたいときはできるのかな?

Aシステムが1,2のメッセージを受け取って、Bシステムが3,4のメッセージを受け取った場合、Aシステムは3のメッセージを受け取ることはできる?Aシステムが3をくださいって要求だせばよいか・・・。ActiveMQ側では覚えてくれないかな?

と試してみないと疑問はつきないですが、今日はここまで。

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives