2008年2月9日土曜日

Linux(CentOS)のホスト名を設定(ネットワークの設定)

Linuxマシンに自分自身が何て名前か教えてあげる。インストール直後に必要なネットワークの設定でもある。以下ホスト名を「test」とする場合

/etc/hosts

127.0.0.1 localhost test test.exbridge.jp

/etc/sysconfig/network

NETWORKING=yes HOSTNAME=test.exbridge.jp

これでログイン画面やコマンドラインでlocalhostとなっていたのがtestに変わります。

名前解決のファイルは/etc/resolv.conf

nameserver 192.168.0.2 search exbridge.jp

名前解決に192.168.0.2を使う。

searchはデフォルトのドメイン。

ping test

とかの場合、

ping test.exbridge.jp

を検索するようになる。

あとDHCPやらIPアドレスの設定はCentOSの場合
# system-config-network
というコマンドでCUIでも簡単に設定可能なツールが起動するので便利。

実際には
/etc/sysconfig/network-scripts/
にあるifcfg-eth0に書き込まれる。このファイルを直接編集してもO.K.

<2009/01/10 追記>
どうやらsystem-config-networkのツールは一時的に

/etc/sysconfig/networking/devices/

に書き込んでいるみたい。system-config-networkからデバイスを削除したい場合はこのファイルを直接削除する。

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives