2008年4月12日土曜日

Visual Studio 2005のキーバインドを変更

今までの開発でXyzzyを使っていると、Visual Studio 2005のキーバンドが苦痛。Xyzzyでコードを書くこともできるけど、やっぱりIntelliSenceは便利なので使いたい・・・ということで、Visual Studio 2005のキーバインドを変更することにしました。

Visual Studioではかなり柔軟にキーバインドを変更することが可能です。
ツール→オプション→環境→キーボードでいろいろ設定。

デフォルトでEmacsのキーバインドに変更できるスキームが用意されているけど、これを適用するとクリップボードにコピーしたときの挙動がおかしいし、使いにくいので既定の設定から自分用のキーバインドを追加することをおすすめします。

キーボードでのカーソル移動とCtrl-Gを選択範囲のキャンセルに割り当てれば、まずまず使いやすくなります。あとは適宜必要になったときに追加。

ある程度設定したら、
ツール→設定のインポートとエクスポート
でオプション.環境.キーボードを選択して設定の保存をしとくと安心。

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives