2008年6月5日木曜日

正規表現で文字列の否定

入力チェックなどでお世話になる正規表現ですが、これがなかなか奥が深い。複雑な正規表現は一体何をしているのか解析するだけでも一苦労。

この前壁にぶつかったのが 「ある特定の"文字列"を含まないようにチェックをかけたい」 というもの。ある特定の1文字を含まないような正規表現は簡単ですが、文字列となると、これが結構難しい。

たとえば「a」と「b」は含まれていていいけど、「ab」という文字列は駄目という場合。なんとなく ^[^(ab)]+$ でいけそうな気がするけど、これでは駄目。

ちなみに正規表現を試したいときはここのサイトを利用すると便利。どれがマッチしたのかを視覚的に表示してくれるので、とってもわかりやすい。

image

「ab」の文字列を否定する場合は「b」の前に「a」がないという記述をしないと駄目らしい。ここを参考に。実際の正規表現はこんな感じ。 ^(([^b]|[^a]b)|[^a]a)+$

image

ちなみに頑張って正規表現でチェックする必要はない。

<2009/05/14 追記>
コメントで教えてもらったサイトが分かりやすく解説しているので、そちらも参考に。

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives