2008年9月26日金曜日

FedoraCore5のsamba設定ではまる(SELinuxを無効に)

開発でFedoraCore5が必要になったので、VMwareServerに新規インストールして設定していたらsambaの設定で、ちょっとはまった。

普通に
$ yum install samba
のあと、前に書いた記事を参考にsmb.confを設定しようとしても、まずsamba経由でsmb.confを上書きできない・・・。

しょうがないので、sshでファイルをアップロードしてsmb.confを上書きするとできる。

その後sambaを再起動して共有フォルダにwindowsからフォルダを作成しようとするとできない・・・。そのときの/var/log/messageは下のような感じ。

Sep 24 16:51:44 vm-hoge kernel: audit(1222242704.940:94): avc:  denied  { write } for  pid=
3246 comm="smbd" name="opt" dev=dm-0 ino=228481 scontext=root:system_r:smbd_t:s0 tcontext=
system_u:object_r:usr_t:s0 tclass=dir

よく分からない・・・。sambaの動きがなんか変。

・・・と思っていたら、原因がわかりました。selinuxのせいです。

system-config-securitylevel-tuiをやっても有効、無効の選択肢がでなかったので気付きませんでした。無効にするためには/etc/selinux/configの

SELINUX=enforcing

SELINUX=disabled

と記述して、再起動すればok.

そういえば他の処理をしたときにPermission deniedとログに書いてあったのはselinuxが効いているせいということで納得。

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives