2008年12月8日月曜日

【Linux】WebminとUserminをインストール(CentOS5.2)

WebminはWebベースのサーバ管理ツール。wikipedia

Apache, Smaba, sendmailなど多くのアプリケーションの設定をGUIでできる。ユーザの追加なども簡単にできるため、Linuxのコマンドを知らない人でもサーバ管理がやりやすくなる。

image

インストールはここからrpmパッケージをダウンロード、インストール。
# rpm -Uvh webmin-1.441-1.noarch.rpm

インストール後はhttp://<サーバのアドレス>:10000/でアクセス。10000番ポートを空けるのを忘れずに。参考

次はUsermin。

Webminはサーバ管理者用の設定ツールに対して、Userminは各ユーザに提供される設定ツール。主にWebベースでメールを読んだり、ファイルにアクセスしたりもできる(もちろん権限によりアクセルできるディレクトリは制限される)。

ファイル管理はJavaで動いている。

image

インストールはここからrpmパッケージをダウンロード、インストール。

# rpm -Uvh usermin-1.370-1.noarch.rpm

インストール後はhttp://<サーバのアドレス>:20000/でアクセス。20000番ポートを空けるのを忘れずに。

名古屋のおもしろ会社エクスブリッジ

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives