2009年11月11日水曜日

WindowsからMacにVNCで接続すると「=」と「’」が入力できない

前の記事でMacの画面共有を設定して、WindowsからVNCで接続できるようにしたけど、なぜかVNC viewerで接続中に「=」(イコール)と「’」(シングルクウォテーション)が入力できない。「+」と「”」になる。

あと、Optionキーも使えなかった(macキーになる)。

PC切替器(EIZO i・Switch UP2ex)を使っているので別に問題ないといえばないのだけれど、一応調査。

分かったこと。

  • 他のマシン(Windows XP, Windows 2003 Server)からでも同じ症状
  • iPod touchの「Mocha VNC Lite」で接続すると入力できた
  • キーボードビューアで入力しようと思ったけど、VNCで接続しているとキーボードビューアをクリックしても反応しない(なぜ?)
  • 今度は文字ビューアで入力しようとするとなぜか「=」と「’」は挿入できない。
  • RealVNC, UltraVNC, TightVNCで試したけど同じ

うーん。不思議。しかもGoogle先生に聞いてみても他に同じような現象で困っている人がいない・・・。

環境の問題ですか?

さらに今度はVNC ServerをMacにインストールして試してみた。

Vine ServerというのがMac用のVNC Serverとして有名らしい。現在の最新バージョンは3.1。sourceforgeではなかったのでここからダウンロード。

dmg形式をmacで開くと「Vine Server.app」と「Vine Viewer.app」があるのでserverをダブルクリックで実行。・・・その前に画面共有を停止しておくのを忘れずに。

導入は簡単。いざWindowsからアクセスしてみるとやっぱり「=」が入力できないorz

・・・諦めました。

どうしても入力したい場合は下のような方法で一応できる。

  • 他のソースからコピーする
  • 「ことえり」の単語登録でよみ「++」、単語「=」で登録して使う

<2010/06/22 追記>
通りすがりの方がコメントに書いてくれましたが、Vine ServerのKeybordの設定を「Current Layout」変更すると入力出来ることをMac serverで確認。

さらにPreferences ⇒ Startupで「Start server when・・・」のチェックを外し、System Serverボタンをクリックして登録すれば、サービスとして登録できて便利。こちらの記事を参考に「Command Line Argments」の設定もする。

だけど、描画速度が標準のVNCサーバーに比べてあまりに遅いので、結局戻してしまった。

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives