2009年12月9日水曜日

【PHPチューニング】APCをインストールしてWordpressを高速化

Xampp for linux(Lampp)の環境にAPC(Alternative PHP Cache)をインストールしたメモ。

環境はCentOS5, Xampp for linux 1.7.1(apache2.2.11 PHP5.2.9)

Wordpressはプラグインを追加していくと、追加した分だけ遅くなっていく。アクセスした際にwp-load.phpがrequireされるとwp-settings.phpの中で有効なプラグインをrequireしているので、どれが遅いか調べるときはこのループの中でmicrotimeとかで時間を出力すると分かる。

APC(Alternative PHP Cache)はphpアクセラレーターの一つ。phpのバイトコンパイルされたコードをキャッシュして高速化する。

他の有名どころはeAcceleratorとかZend Optimizerがある。wikipedia

eAcceleratorは既にXamppにインストールされているので、php.iniのeAcceleratorのコメントを消して再起動すれば使える。

今回はAPCをインストール。

まずは開発環境を整える。xampp-linux-develは公式サイトからダウンロード(Development package)

# cd /opt
# tar xzvf xampp-linux-devel-1.7.1.tar.gz

# yum install autoconf gcc

コンパイル環境が整ったのでインストール。今のバージョンは3.0.19。

# cd /opt/lampp/bin
# ./pecl install APC

php.iniに

extension="apc.so"

を追記。

これでxamppを再起動。プラグインを読み込むrequireの処理が劇的に速くなった。全体(体感)的には2倍ぐらい高速化した感じ。

apcの設定はPHP マニュアルを参考に。

同封されているapc.phpというのでキャッシュ状態を参照できるとPHPマニュアルにあったので、ここからソースをダウンロードしてきてapc.phpを表示してみた。(コンパイル時にどこかのディレクトリに配置されているかも)

apc.shm_sizeを設定する参考情報に利用できそう。

image

次回はeAccelerator + Zend Optimizerをインストールしてみる。

 

▼関連記事

【PHPチューニング】Zend OptimizerとeAcceleratorで高速化
コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives