2010年1月22日金曜日

【.NET】ClickOnceの署名(デジタル証明書)を更新・延長する

開発をしていたら、ある日突然発行ウィザードでエラーを吐くようになった。

環境はVisual Studio 2005

エラー    2    SignTool はエラー 'bin\Debug\AuroraClient.publish\\setup.exe の署名に失敗しました。 SignTool Error: ISignedCode::Sign returned error: 0x80880253

    The signer's certificate is not valid for signing.

SignTool Error: An error occurred while attempting to sign: bin\Debug\AuroraClient.publish\\setup.exe

' を報告しました。    AuroraClient

デジタル証明書の有効期限が切れたみたい・・・。

下記サイトを参考に更新してみる。

ClickOnceのデジタル証明書を更新するには?[VS 2005のみ、2.0のみ、C#

書いてある通りに作成して実行してみると強制終了する・・・。

検索してみると、ここからRenewCertのエラーメッセージを出力してくれるバージョンをダウンロードできる。

ビルドして実行してみると、

PFXImportCertStore failed with error 0x56:

というエラーが。もしやと思い設定したパスワードを引数で渡すと作成できた。

RenewCert.exe "元のpfxパス" "出力pfxパス" "CN=<発行者名>" "設定したパスワード"

発行者名は適当に設定しても大丈夫らしい。

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives