2010年4月8日木曜日

【FFMpeg】libx264でエンコード。コマンドオプションを調査

この前の記事でFFMpegと関連するコーデックのバージョンアップをしたときにlibx264もオプションがいくつか変更されていて、前のコマンドで変換できなかったので調査。

まずは参考サイト

FFmpeg x264 encoding guide

x264 ffmpeg mapping and options guide

実際に変換したコマンドは次のような感じ。

ffmpeg -i 'input.mov' -vcodec 'libx264' -s '640x480' -b '501251' -r '29.97' -acodec 'libfaac' -ab '128000' -ar '44100' -ac '2' -level 41  -vpre hq  -coder 1  -bf 16  -crf 25  -threads 0  -bufsize 20000k  -maxrate 25000k  -g 250  -flags +loop  -partitions +parti4x4+partp8x8+partb8x8  -me_method umh  -subq 7  -me_range 16  -keyint_min 25  -sc_threshold 40  -i_qfactor 0.71  -rc_eq 'blurCplx^(1-qComp)' -b_strategy 1  -refs 6  -deblockalpha 0  -deblockbeta 0  -y  'output.flv'

ビットレートは元動画にあわせて設定。

とりあえずコマンドだけ

 

<関連記事>

FFMpegをライセンスに気を付けながら再コンパイルとコーデックのインストール
Android(HT-03A)用の動画をブラウザからストリーミング再生
【FFMpeg】ネットワークカメラとffserverを使ってライブ配信
【Linux】Lamppの環境にFFMpeg-PHPをインストール
【Linux】FFMpegを使った動画配信サーバーの環境構築まとめ
コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives