2010年6月3日木曜日

Google Appsのドメインエイリアス設定。DNSのCNAME設定。

Google Appsに移行する際に、今までメーリングリスト用に使っていたサブドメインのメールをドメインエイリアスの機能を使ってGmailで受け取れるようにした際のメモ。

Google Appsで設定したドメイン: hoge.com

受け取れるようにしたい(サブ)ドメイン: sub.hoge.jp

この例だとsuganuma@sub.hoge.jpに送られたメールをGoogle Appsのメールで受け取れるようにする。

ドメインエイリアスの申請自体は難しくない。

Google Appsのダッシュボード ⇒ ドメインの設定 ⇒ドメイン名

「ドメインエイリアスを追加」をクリックしてsub.hoge.jpを入力、ドメインの所有権の確認はここのサイトを参考に。

value-domainの場合は次のようにhoge.jpのDNSに記述。

cname googleffffffff1234.sub google.com.

※今回はhoge.jpのサブドメインなので上記のように記述。メインの場合は「.sub」部分がいらない。

これで所有権の確認ができて、次はMXレコードの設定。CNAMEだけではメールは転送されない。確認ができればCNAMEは削除してOK。

mx aspmx.l.google.com. 10 sub
mx alt1.aspmx.l.google.com. 20 sub
mx alt2.aspmx.l.google.com. 20 sub
mx aspmx2.googlemail.com. 30 sub
mx aspmx3.googlemail.com. 30 sub
mx aspmx4.googlemail.com. 30 sub
mx aspmx5.googlemail.com. 30 sub

これでしばらく待てばGoogle Appsのドメインエイリアスのところが「使用中」になるので、実際にメールを送信してみて確認する。

 

<関連記事>

Thunderbirdのアドレス帳をGoogle Apps(Gmail)の連絡先に移行
GmailとGoogle デスクトップで脱メーラー。メール通知アプリ
Google Email Uploaderを使ってGoogle Appsへ移行
Google Appsで「SMTPサーバー経由でメール送信」の設定
【DNS】SPFレコードを設定して自ドメインのなりすましメール対策
コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives