2010年6月8日火曜日

Windows XPをNFSサーバーとクライアントにする

VMware ESXiの仮想マシンをWindowsにコピーしたくて設定したメモ。

vSphere Clientからデータストアを参照してダウンロードすると、仮想マシンに割り当てたHDD容量になってダウンロードされるので保存容量が足りなくなる。

基本は@IT 企業ユーザーのためのSFU 3.5活用ガイダンスを参照。

Windows Services for UNIXをダウンロードして、インストール。

NISはないので「パスワードおよびグループファイル」を選択。

image

NFSサーバーにしたいのでオプションで「NFSサーバー」と「NFS認証サーバー」を選択する。インストール後はC:\SFUが作成される。

image

ここを参考にしながらユーザーとグループのマッピング情報を構成する。

「Services For UNIXの管理」⇒ユーザー名マッピング⇒構成

でパスワードファイルとグループファイルのパスを設定(なければ作る)。

image

次にマップを選択して、「ユーザーマップの表示」をクリック。

ここで

ユーザー名マッピング サーバーにアクセスできません。
マップを取得できません。

と出て、先に進めない。マイクロソフトのサポートオンラインに現象が記載されているけど、いまいちよく分からず。

ここでタイムオーバー。別の機会で。

 

<参考サイト>

WindowsからNFSサーバにアクセスする

 

<関連記事>

【CentOS】VMware ESXiのためにNFSサーバーを設定
コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives