2010年6月25日金曜日

Windows環境にGoogle App Engineの環境を整える(Python)

Google App Engine(GAE)の開発をしようと思ってインストールしたときのメモ。

公式サイトのドキュメントが十分詳しいのでそちらを参考に。

SDKのダウンロードはこちらから。SDKをインストールした後にPythonを別途インストールしないといけないと怒られたので、ActivePythonをインストール。ActivePythonはPython+便利ライブラリをパッケージしたものらしい。

GAEではPython 2.5系でないとダメみたいなので、ActivePython 2.5.5.7をダウンロード+インストール。

Google App Engine Lancherを起動して、Edit ⇒ Preferencesからパスを設定。

image

とりあえずFile ⇒ Create New ApplicationからHelloWorldを作ってみる。

image

Application Nameは英数小文字+ハイフン「-」を使う。

Parent Directoryは日本語(2バイト文字)を含まないパスを設定すること

デフォルトでHelloWorldのサンプルが作成されているはずなので、作成したプロジェクトを選択して Run ⇒ Browse で実行結果が表示される。

ここまで全部GUIでやったけど、公式サイトのスタートガイドにある「webappフレームワーク」まで終了。あとは次のステップから最後までスタートガイドをやって感覚を掴む。

ちなみにxyzzyのpythonのメジャーモード(py-mode)はnetinstallerからインストールできる。

pythonのコーディング規約は下記を参考に。

PEP 8 -- Style Guide for Python Code

PEP 8 -- Style Guide for Python Code(日本語訳)

 

<参考サイト>

PythonRecipe ...

 

<関連記事>

Google AppsでGoogle App Engineを使う
Google Apps+Google App Engineでサイト更新通知アプリ
Google Apps + Google App Engine(GAE)で伝言アプリを妄想
Emacsライクなテキストエディタ「xyzzy」
コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives