2011年3月9日水曜日

ビザEmployment Pass(EP)の申請

日本にいる間に仮申請まで会社で行ってくれていたので、シンガポールに来てからビザを正式に取得するまでのメモ。

ビザの種類に関してはこちらのサイトを参考に。

< 2011/11/29 Modified >
Singaporeで働いているEngineerの記事を見つけたので、こちらも参考になると思う。

アジアのソフトウエア開発現場にて: シンガポールで働く外国人 (Permanent resident)

 

まずは健康診断に行く必要があるので、Bugis駅のすぐ近くにあるRaffles Hospitalに。Health Checkのカウンターに行くと「close」と言われた。土曜日は11:30までに受付しないといけないらしい。5分だけ遅かった・・・。

しょうがないので月曜日に出直して、
受付 → 血液検査 → 問診 → 会計 → X線
の順に受ける。パスポートを忘れずに。

血液検査と問診の間が異様に長かった。前の番号の人が呼ばれてから別の桁の番号に飛んだ。「日本人だから飛ばされたのかな?」と思っていたけど、会社の人に聞いたら、「こちらの人は適当だから、ちゃんと言わないと自分の責任になる」とのこと。

ちなみに問診は言っている単語は全く分からなかったけど、Body Languageで何とかなった。

健康診断の結果は3日後に再度病院に取りに行く。その後、visaの申請はEmployment Pass Services Centre(EPSC)に行って行う。

予約は会社の人がしてくれた。

ビルの4階に上がって案内の人に聞いたら、まず写真を取る必要があるので、隣の店へ行って数Sドル払って撮影する。その写真を持って、再度案内の人の所へ行くと親切に手順を教えてくれる。

カウンターでは

  • パスポート
  • 写真
  • 会社の人にもらった申請用紙
  • 健康診断の結果
  • 入国時に書いたオレンジのカードの切れ端

を提出。あとは指紋を取って終了。次回は5日後に結果(カード)をもらいに行く。もらいに行くときもパスポートを忘れずに。

免許証みたいなカードが貰えば、晴れてEmployment Pass取得完了。

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives