2011年3月1日火曜日

Let’s note CF-S9に外付けUSB英語キーボードを接続して使う

シンガポールの会社にLet's noteを持ち込んで仕事をしているけど、支給されたキーボードが英語配列なので(当然だよね)、設定変更したメモ。

USB接続されたキーボードだけ英語配列にしたい。

環境: Let's note CF-S9L(CF-S9LY9BDP), Windows7 64bit

ただ接続しただけだと、日本語配列のキーボードとして認識される。アンダーバーやバックスラッシュが入力できない。これを変更するにはレジストリを変更する必要があるみたい。参考したのはここのブログ

以下手順

  • regedit起動
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\i8042prt\Parameters
  • 右クリック → エクスポートでバックアップ
  • LayerDriver: JPN kbd106.dll → kbd101.dll
    ちなみにdllはC:\Windows\System32にある。
  • OverideKeyboardIdentifier: PCAT_106KEY → PCAT_101KEY
  • OverrideKeyBoardSubtype: 2 → 0 これを変更すると内蔵キーボードも英語配列になる
  • 再起動

日本語入力を切り替える場合は「ALT + `(半角・全角の場所のキー)」。

Windows XPの場合は下記サイトも参考になると思う。

後は頑張って慣れる。

 

< 2013/07/08 Modified >
Windows 8 64bit(英語版)でも同様に変更できることを確認。

キーボードは東プレ Realforce 104UB

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives