2011年4月20日水曜日

[CentOS]Xampp for LinuxのProFTPDを設定

外部からAccessする人のために設定したときのMemo.

環境はCentOS 5, Xampp for Linux(Lampp) 1.6.8a

通常はlinux userを使ってhome directoryにAccessする使い方だけど、/optの下で公開用のdirectoryを管理しているので、ここに別々のuserで別々のdirectoryにloginさせたい。

参考にしたのは公式siteのExample configurations.

# /etc/rc.d/init.d/lampp security

をやっている前提。loginさせるhoge1, hoge2をLinux userとして追加する(home directoryは作らない)。passwordも設定する。

# useradd -M hoge1
# passwd hoge1

# useradd -M hoge2
# passwd hoge2

ProFTPDの設定fileに以下を追記。

# vi /opt/lampp/etc/proftpd.conf

<VirtualHost ftp.hoge.com>
    ServerName       "FTP Server"
    DefaultRoot      /opt
    AllowOverwrite   yes

    #まずは全てを隠す
    <Directory /opt/*>
        <Limit ALL>
            DenyAll
        </Limit>
    </Directory>

    #hoge1に見せるdirectory
    <Directory /opt/dir1>
        <Limit ALL>
            AllowUser hoge1
            DenyAll
        </Limit>
    </Directory>

    #hoge2に見せるdirectory
    <Directory /opt/dir2>
        <Limit ALL>
            AllowUser hoge2
            DenyAll
        </Limit>
    </Directory>

</VirtualHost>

これで再読み込み。

# /etc/rc.d/init.d/lampp reload

directory自体のaccess権限も忘れずに設定しておく。使わなくなったuserは削除する。

# userdel hoge1

 

< Related Posts >

Xampp For Linux(Lampp)でサーバ構築と設定
コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives