2011年4月5日火曜日

Xampp for Linuxを別Portで起動する設定

すでにいろいろなServiceが動いているServerに一時的に切り分けた環境を構築したくて設定したMemo。

環境はCentOS

Xampp for Linuxは公式siteからDownload。まずはそれぞれのconfig fileを編集してportを変更する。

[apache] lampp/etc/httpd.conf

Listen 80
ServerName localhost:80

[apache] lampp/etc/extra/httpd-ssl.conf

「443」で検索して適当なport noにする。

[mysql] lampp/etc/my.cnf(2箇所)

port            = 3306

[proftp] lampp/etc/proftpd.conf

Port                            21

lamppの起動Scriptを編集。

# cp /opt/lampp/lampp /etc/rc.d/init.d/
# vi /etc/rc.d/init.d/lampp

80, 443, 3306, 21で検索してそれぞれ置き換える。その他Xampp for Linuxの基本的なinstallは前の記事も参考に。起動してみる。

# /etc/rc.d/init.d/lampp start
# /etc/rc.d/init.d/lampp security

phpMyAdminもportを変更。

# vi /opt/lampp/phpmyadmin/config.inc.php

$cfg['Server'][$i]['host'] = '127.0.0.1';
$cfg['Server'][$i]['port'] = '3307';

これを追記。

Firewallの設定も忘れずに。

FTPの場合はpassive modeを使えない(既に別のFTP serverがいるから)ので、FileZillaでaccessする場合は、転送設定 → activeにして接続しないと認証は通るけど、file一覧で失敗する。

 

< Related Posts >

Xampp For Linux(Lampp)でサーバ構築と設定
【Linux】Xampp(lampp)のMySQLを複数起動
【Linux】CUIでも簡単にファイヤーウォール(ポート)設定
コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives