2011年5月18日水曜日

node.js, socket.ioをInstallしてWebSocketを試す(Install編)

前回でnode.jsって何?というのが大体分かったので、今度は実際にServerにInstallしてみた。

環境: CentOS5.5

node.jsのバージョン管理ソフトnvm (Node Version Manber)経由でインストールすることにした。

基本はOfficial SiteのReadmeを見ながら。

GitがInstallされていなければ、まずはDAG(RPMForge)を追加してyum経由でInstallできるようにする。詳しくは前の記事を参考に。

# rpm -Uhv http://apt.sw.be/redhat/el5/en/x86_64/rpmforge/RPMS//rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.x86_64.rpm
# yum update
# yum install git

ここからnvmのInstall

# git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm
# . ~/.nvm/nvm.sh

これで"nvm"が使えるようになっているはず。Loginしたときに常に使いたいので
# vi ~/.bashrc

. ~/.nvm/nvm.sh

を追記して保存。

node.jsの最新版をInstall。最新版はOfficial SiteでCheck。

# yum install gcc-c++ openssl-devel
# nvm install v0.4.7

Now using node v0.4.7
/usr/bin/which: no npm in (/root/.nvm/v0.4.7/bin:/usr/kerberos/sbin:/usr/kerberos/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/root/bin)
Installing npm...
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100  3874  100  3874    0     0   1357      0  0:00:02  0:00:02 --:--:-- 14401
fetching: http://registry.npmjs.org/npm/-/npm-1.0.6.tgz
0.4.7
1.0.6
prefix=/root/.nvm/v0.4.7

This script will find and eliminate any shims, symbolic
links, and other cruft that was installed by npm 0.x.


All clean!
! [ -d .git ] || git submodule update --init
node cli.js cache clean
node cli.js rm npm -g -f --loglevel error
node cli.js install -g -f
/root/.nvm/v0.4.7/bin/npm -> /root/.nvm/v0.4.7/lib/node_modules/npm/bin/npm.js
node-uuid@1.1.0 /root/.nvm/v0.4.7/lib/node_modules/npm/node_modules/node-uuid
npm@1.0.6 /root/.nvm/v0.4.7/lib/node_modules/npm
It worked

無事終わればnode.jsのInstallは完了。Package管理のnpmも同時にInstallされた様子。これをshellから使えるようにする。

# nvm use v0.4.7

Login時にも使えるようにbashrcを編集。
# vi ~/.bashrc

nvm use latest(installしてないとErrorになるので明示したほうがいい)
nvm use v0.4.7

Versionを確認するには
# nvm ls

次はSocket.IOのInstall
# npm install socket.io

npmを使ってInstallするときはGlobalかLocalを選択できる(v1.0以上)。通常はLocal Installになるので、各Project Directoryに移動してからCommandを実行するやり方になるみたい。

全てのProjectで使いたいModuleの場合は"-g" Optionを付けるとPathが登録されて、どこからでも実行できる。
# npm install -g node-inspector

Globalで登録されたModule一覧を確認するときは
# npm list -g

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives