2011年6月30日木曜日

[node.js] node-devをinstallして自動で再起動

ApacheのReverse Proxyの機能を使っていると、node.jsを再起動するごとに下記Errorが出て、1分ぐらい接続できない。

503 (Service Temporarily Unavailable)

Cacheでも効いているのかな?どちらにせよ編集するたびに再起動するのはメンドクサイので、Fileを監視して、自動的に再起動してくれるPackage[node-dev](GitHub)をInstallしてみた。

環境は, CentOS 5.6, node.js v0.4.7, node-dev 0.1.6

下記Siteも参考に。

# npm -g install node-dev

-gはGlobal Option. 実行するときはnodeの代わりにnode-devを使う

# node-dev server.js

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives