2011年7月13日水曜日

MySQL4.1の環境をXampp for Linuxを使って別Port(3つ目)で構築

はSourceからCompileしようとしたけど、既存のMySQLに影響が出たので、Xampp for Linux(Lampp)を使って構築するようにした。

環境はCentOS 5.6 32bit

ちなみに既にmysqld, lamppがInstallされているので、このServerにとっては3つ目のMySQL.

今はSingaporeに来たばかりで今のNetwork環境で何とかやりくりしているけど、次回引越しするときはServer, Network環境を設計し直してやると思いながら・・・。

MySQL 4.1はXampp for Linux 1.4.16までなので、こちらからDownload.

解凍
# tar xzvf xampp-linux-1.4.16.tar.gz
# mv lampp /opt/lampp14

今回はMySQLだけ利用したいので他は起動させない。
# cd /opt
# lampp14/etc/my.cnf

[client]
port            = 3309
socket          = /opt/lampp14/var/mysql/mysql.sock

[mysqld]
port            = 3309
socket          = /opt/lampp14/var/mysql/mysql.sock
tmpdir          = /tmp/mysql41/

# mkdir /tmp/mysql41
# chmod 777 /tmp/mysql41

# cp /opt/lampp14/lampp /etc/rc.d/init.d/lampp14
# vi /etc/rc.d/init.d/lampp14

/opt/lampp/を/opt/lampp14/に一括で変換

3306を3309に。

でも思うように動いてくれない・・・。

いろいろ調べてみるとSource Code自体に/opt/lampp/の文字が入っているので、compileからやらないとダメみたい・・・。

 

< Related Posts >

Xampp for Linuxを別Portで起動する設定
Xampp For Linux(Lampp)でサーバ構築と設定
コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives