2011年10月3日月曜日

GitHubのWindows Client "Git for Windows"をInstall。TortoiseGitも設定。

Google Chrome Extension "History Plus"を開発して、Source CodeをGitHubに登録したときのMemo.

環境はWindows 7 Home Premium 64bit 英語版

Official HelpにInstall方法が詳しく書いてあるので、そちらを参考に(英語)。

今の最新はv1.7.6. Install後、Git BashでSSH keyを作成したCommand

$ cd .ssh
$ ssh-keygen.exe -t rsa -C "hoge@gmail.com"

これで生成されたpublic key(id_rsa.pub)をGitHubのAccount Settings → SSH Public Keysに登録。

接続できるか確認

$ ssh -T git@github.com

Permission denied (publickey)・・・失敗。

Windows版EmacsがInstallしてあると、System環境変数の"HOME"が設定してあるので、これをHome Directoryと判断してしまうみたい。

なので、環境変数を"C:\Users\Owner"に変更。Git Bashを起動し直して、再度実行すると成功。

次はUser情報を登録

$ git config --global user.name "Daiki Suganuma"
$ git config --global user.email "hoge@mail.com"

GitHub Account情報を登録

$ git config --global github.user hogehoge
$ git config --global github.token 123456789abcdefghijk

あとは実際にRepositoryを作って試す。

TortoiseSVNに慣れているのでGit用のTortoiseがないものかと検索すると普通にあった。今の最新はv1.6.5

TortoiseSVNとUIが同じなので直感的に分かる。区別するためにIcon Setを変更しておくといいかもしれない(TortoiseSVNとIcon Setは共用みたい)。

SSH ClientにTortoisePlinkを選択した場合の設定(Official Wikiを参考に)。いちいちPass Phraseを入力しなくても済むようになる。

  1. Install Folderにあるputtygen.exeを実行
  2. Load → .ssh\id_rsaを選択(All Filesで表示)
  3. Pass Phraseを聞かれるので入力
  4. "Save private key" → id_rsa.ppkで保存
  5. pageant.exeを起動。
  6. task barにいるpageantを右Click → add keyで先ほどのid_rsa.ppkを選択
  7. Pass Phraseを入力
  8. pageant.exeをStartupに登録して、常時起動させておく。
  9. Settings → Git → Remoteで名前を変更しておくと分かりやすい。

TortoiseSVN使いが最低限知っておくことは

"commit"でlocalに登録され、"push"でGitHubに反映される。

あとは、SubversionとGit, Google CodeとGitHub, それぞれの違いや利点を理解するのに下記記事が参考になった。

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives