2011年12月5日月曜日

Xen or KVM or OpenVZ. VMware Serverからの移行を考える

Xen_OpenVZ_KVMVMware ServerのSupportが切れて、CentOS6.0にInstall出来なかったので、他の仮想化技術に切り替えようと調査したMemo.

用途は主に社内の開発用。要件をまとめると、

  • Source CodeはSubversionで管理しているので、サーバーが壊れても問題ない。
  • Guest OSはお客様の環境に合わせるので、CentOSとかWindowsとかいろいろ。
  • Windows XP + IE6 or IE8の環境は作っておきたいので、Windowsはほぼ必須。
  • Commandを叩かなくても管理Toolで簡単に起動、停止できるとうれしい。
  • 無償で将来的にも安心して、長く使える技術を選択したい。

 

参考にしたSiteは下記。

ちなみにKVMはCPUに仮想化支援機能がないと使えないらしい。

要件と照らし合わせると、WindowsをGuest OSに出来ないOpenVZは消える。将来性を考慮すると、やっぱりKVMかな?

でも、Server自体が古いので、結局CentOS5 + VMware Serverになりそう。(^^;

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives