2011年11月29日火曜日

SubversionのRepositoryを移行

Max OS X ServerからCentOSにSubversionのRepositoryを移行したときのMemo. Installと設定は前の記事を参考に。

Subversion_to_Subversion

環境
旧: Max OS X Server 10.6.8, Subversion 1.6.17

新: CentOS 6.0 x64, Subversion 1.6.11

参考にしたのは下記Site.

 

まずは移行元のMac Serverで作業。念のためDirectoryの容量を確認して、全てのProjectのDirectoryを圧縮して保存。
$ cd /svnroot/
$ du -hx -d 1
$ tar czvf svn-repository-20111125.tar.gz Repository/

本当はここからsvnadmin dumpを使って、各Projectごとにdumpとloadを行うみたいだけど、Versionも近いし、そのままCopyしても大丈夫という情報もあったので、移行先でそのまま展開してみた。

# tar xzvf svn-repository-20111125.tar.gz

移動させて権限を変更
# mv Repository/* Repositories/
# chown apache. -r Repositories/*

これでTortoiseSVNで右Click → Relocate...でURLを変更。

なんかこれで大丈夫っぽい。

 

< Related Posts >

2011年11月28日月曜日

CentOS + Subversion + LDAP + ApacheをInstallして設定

CentOSにSubversionをInstallして、Mac OS X ServerのSubversionで管理していたRepositoryを移行したときのMemo. 長くなったので今回は設定まで。

CentOS Subversion OpenLDAP Apache

環境は

Server: CentOS 6.0 x64, Subversion 1.6, OpenLDAP 2.4.19, Apache 2.2.15

Client: Windows 7 Home Premium 64bit (英語版)


参考にしたのは下記Site.

 


1. Install

Subversion本体をYUM経由でInstall
# yum install subversion

SubversionとApacheを連携させるModuleをInstall. mod_authz_svnも同時にInstallされるらしい。詳しくは
/usr/share/doc/subversion-1.6.11/mod_authz_svn-INSTALL
に書いてある。
# yum install mod_dav_svn

Moduleがあるか確認
# ls /usr/lib64/httpd/modules/

自動的にModuleを読み込むApache用設定Fileを作成してくれる。
# less /etc/httpd/con.d/subversion.conf

 


2. Apache用設定Fileを記述

Repository用のDirectoryを作成
# mkdir /home/svn
# mkdir /home/svn/Repositories

VirtualHostを利用した場合の設定例

#
# For subversion
#
<VirtualHost *:80>
  ServerName svn.hoge.com.sg 
  <Location "/">
    DAV svn
    SVNParentPath /home/svn/Repositories
    #SVNListParentPath on
    #SVNAutoversioning on
    <LimitExcept GET PROPFIND OPTIONS REPORT>
      Order deny,allow
      Deny from All
      Allow from 127.0.0.1
      Allow from 192.168.0.0/24
      AuthType Basic
      AuthBasicProvider ldap
      AuthName "Authorization Realm for Subversion"
      AuthzLDAPAuthoritative off
      AuthLDAPURL ldap://127.0.0.1/ou=people,o=hoge,dc=com,c=sg?uid
      Require valid-user
    </LimitExcept>
  </Location>
</VirtualHost>

DocumentRootがあると

Error: Redirect cycle detected for URL

とCheckoutするときに怒られるので注意。

設定を反映させる
# /etc/rc.d/init.d/httpd configtest
# /etc/rc.d/init.d/httpd reload

 


3. LDAPに認証するUserを追加

OpenLDAPのInstall方法は前の記事を参考に。Install後はLDAP AdminというFree Softを使うと楽。今のVersionは1.2

起動直後に「規定のLDAP Browserにするか?」と聞いてきて、「Yes」を選択するとErrorになるけど気にしない。

image

 


4. Repositoryを追加して、Http経由でCheckout, Commitが出来るか試す

Test用のRepositoryを追加
# cd /home/svn/Repositories/
# svnadmin create test1
# chown -R apache test1/

TortoiseSVNなどのSubversion ClientでCheckoutとCommit出来れば完了。

次回はMac OS X ServerのSubversionのRepositoryを移行する。

最後にSubversionのRepositoryを作成、削除するにはUSVNというFreeの管理Toolが便利そう。今度試す予定。

 

< Related Posts >

2011年11月25日金曜日

[WordPress]Themeのどの名前のFileが読み込まれるか理解する

WordPressの開発で、「このPageだけ特別な表示をさせたい」をどう実現するか調べたときのMemo.

WordPress-logos

page.phpでif文を書いても実現できるけど、Theme内のどのFileが読み込まれるか理解するとif文を書かなくても実現できる(こともある)。
公式DocumentのFlowchartが分かりやすい。

Pageを作れば下記RuleでTheme内のFileを検索してくれる。(Wordpress 2.9以上)(WordPress Codex: Templates by page-ID or page-Slug)

page-{id}.php
page-{slug}.php

WordPressのDocumentは整備されていて十分詳しいので、困ったら英語で検索するのがオススメ。

 

< Related Posts >

2011年11月24日木曜日

CentOS 6.0にLDAP ServerをInstall, 設定

Subversionの認証にOpenLDAPを使おうと思って設定したときのMemo. 前にも書いたけど古いので書き直し。

LDAPworm環境はCentOS 6.0, OpenLDAP 2.4.19


参考にしたのは下記Site.

 


1. Install, 設定

Installはyum経由で
# yum install openldap openldap-servers openldap-clients

管理者用Passwordを生成。
# slappasswd

生成されたPasswordをMemoっておく。次は設定Fileの編集。
# cd /etc/openldap/
# cp slapd.conf.bak slapd.conf
# vi slapd.conf

access to *
        by dn="cn=Manager,o=hoge,dc=com,c=sg" write
        by self write
        by users read

suffix      "o=hoge,dc=com,c=sg"
rootdn     "cn=Manager,o=hoge,dc=com,c=sg"
rootpw     {SSHA}U2cQrzA1a(←生成した管理者用Password)

# allow onlu rootdn to read the monitor
access to *
        by dn.exact="cn=Manager,o=hoge,dc=com,c=sg" read
        by * none

openldap-clientsの設定
# vi ldap.conf

BASE    o=hoge, dc=com, c=sg
URI     ldap://127.0.0.1/

設定FileのTest
# slaptest

bdb_db_open: warning - no DB_CONFIG file found in directory /var/lib/ldap:

Warningが出るのでDB_CONFIGをCopy. Owner権限も変更
# cp /usr/share/doc/openldap-servers-2.4.19/DB_CONFIG.example /var/lib/ldap/DB_CONFIG
# chown ldap. /var/lib/ldap/*

 


2. 設定Fileを変換

OpenLDAP 2.4からはslap.dの下にTree構造で設定Fileを格納するようになったので、slapd.confを変換。
# mv slapd.d slapd.d.bak
# mkdir slapd.d
# chown ldap. slapd.d
# slaptest -f slapd.conf -F slapd.d
# chown ldap. -R slapd.d/

LDAP Server起動して、自動起動するようにも登録しておく。
# /etc/rc.d/init.d/slapd start
# chkconfig slapd on

試しに検索してみる。
# ldapsearch -vxb '' -s base +

 


3. LDAPに登録

まずは次のような簡単な構成で登録
# vim top.ldif

# Domain
dn: o=hoge,dc=com,c=sg
objectClass: top
objectClass: organization
o: hoge

# Group
dn: ou=group,o=hoge,dc=com,c=sg
objectClass: organizationalUnit
ou: Group

# People
dn: ou=people,o=hoge,dc=com,c=sg
objectClass: organizationalUnit
ou: people

登録内容を確認するときは
# slapcat

これをLDAPに登録
# ldapadd -x -D "cn=Manager,o=hoge,dc=com,c=sg" -W -f top.ldif

登録出来たか確認
# slapcat

削除するときはTree構造の下から削除する必要がある。
# ldapdelete -x -D "cn=Manager,o=hoge,dc=com,c=sg" -W "ou=people,o=hoge,dc=com,c=sg"
# ldapdelete -x -D "cn=Manager,o=hoge,dc=com,c=sg" -W "ou=group,o=hoge,dc=com,c=sg"
# ldapdelete -x -D "cn=Manager,o=hoge,dc=com,c=sg" -W "o=hoge,dc=com,c=sg"

ただ、削除してたらslapdが強制終了してた。startしても起動しないので下記CommandでRecover
# slapd_db_recover -h /var/lib/ldap/

これで無事起動出来るようになった。

 


4. LDAP Adminを使って登録

ここまで来たらLDAP Adminを使うと楽(Windowsの場合)。

image

image

 


5. Firewall(Security)の設定

最後に外部からの問い合わせは遮断したいので、hosts.allowとhosts.denyを修正
# vim /etc/hosts.allow

slapd: 127.0.0.1 192.168.

# vim /etc/hosts.deny

slapd: ALL

Firewallの設定も忘れずに
# system-config-firewall-tui

Port / Port Range: 389
Protocol: tcp

 

< Related Posts >

2011年11月23日水曜日

Reverse Proxyの環境でSWF(Flash)が再生されない

開発環境はApacheのReverse Proxyを使って、LAN内のServerに転送しているけど、swfをFirefoxで再生しようとするとFirefox自体が落ちてしまうので調査したMemo.

apache_flash_firefoxちなみにIP Addressを直接入力してSWFを指定すると再生できる。

環境は
Server: CentOS 6.0, Apache 2.2.15
Client: Windows 7 Home Premium 64bit(英語版), Firefox 8.0, Flash Player 11.1.102.55


Reverse Proxyを設定してあるApacheのconf fileにProxyPassReverseCookieDomainを追記したら直った。(追記:でもたまに落ちる)

なぜ?気のせいかもしれない。

<VirtualHost *:80>
ServerName dev.hoge.com
ProxyRequests Off

 ProxyPassReverseCookieDomain 192.168.0.81 dev.hoge.com

ProxyPass /testsite http://192.168.0.81/testsite
ProxyPassReverse /testsite http://192.168.0.81/testsite
</VirtualHost>

"ProxyPassReverseCookieDomain"に関しては下記を参考に。

 

< Related Posts >

2011年11月22日火曜日

Google Appsに2-step verification(2段階認証)を導入してみた

どんな感じになるか知りたかったのでやってみた。

google-lock

詳しくは下記Siteを参照。

簡単なまとめ

  • Google Accountの設定Pageから"Using 2-step verification"を選択
  • 認証に使う携帯電話を登録する(SMSで認証Codeが送られてくる)。
  • 新規BrowserでGoogle AccountにLoginするときに携帯に送られる認証Codeが必要。
  • このGoogle 2-step verificationに対応していないApplication(Service)は、管理画面で生成するApplication-specific(固有) Passwordを使う。
  • AndroidやiPhoneやPOPでAccessしている他のGmailなど、ほとんど再設定が必要。
  • iPhone App, Android Appの"Google Authenticator"を使えばSMSで送られてくる認証Codeがいらなくなる。
  • Google AuthenticatorをInstallした端末も管理画面から登録する必要あり。
  • 携帯をなくした場合の対処方法は公式Helpを参照。Google Appsの場合は管理者権限のあるAccountで2-step verificationを無効にすることが出来るらしい。

1ヶ月使っているけど、ほとんど2段階認証を意識する場面はない。DBSのiBankingもこの仕組みにしてほしい。

 

< Related Posts >

2011年11月21日月曜日

CentOS6にVMware Server 2.0.2をInstallする(失敗編)

MinimalでInstallしたCentOS6にVMware Serverを導入しようとしたときのMemo.

CentOS_VMware環境はCentOS 6.0 x86, VMware Server

KernelのVersionが上がって一筋縄ではいかなくなっているみたい。
下記SiteからPatchをDownloadして実行。

VMware製品のカーネルモジュールがLinux 2.6.29に対してビルドできない件とその対処 - 試験運用中なLinux備忘録

このPatchを実行するのに必要なToolをInstall
# yum install patch

VMware serverのSourceを展開
# cd /home/VirtualMachines/
# tar xzvf VMware-server-2.0.2-203138.i386.tar.gz

上記SiteからDownloadしてきたPatchを適用
# vi vmware-patch.sh

MODULEDIR=/home/VirtualMachines/vmware-server-distrib/lib/modules/source/

# chmod 755 vmware-patch.sh
# ./vmware-patch.sh

Compileに必要なToolをInstall

# yum install gcc kernel-devel make

実行
# cd vmware-server-distrib/
# ./vmware-install.pl

。。。失敗

"Building the vmnet module."するときにAbortしてしまう。

VMware ServerはVersion Upしないみたいなので、本格的にVMwareからKVMに移行しようと思う。

 

< Related Posts >

2011年11月18日金曜日

[Windows XP]認証なし共有Folderの設定と自動Loginを有効に

EPSON製Scannerと接続されているWindows XPのShared Folderを誰でも閲覧可能にして、再起動しても指定したUserで自動LoginしたときのMemo.

shared-folder

環境はWindows XP Professional 英語版


参考にしたのは下記Site.

 

1. Security関連の設定を変更

UserにPasswordを設定してGuest Accountを有効にする
My Computer → 右Click → Manage → Local Users and Groups → Users

Security Policyを変更する
Control Panel → Administrative Tools → Local Security Policy → Local Policies → User Rights Assignment

  • "Deny access to this computer from the network"からGuestを削除

Local Policies → Security Options

  • "Network access: Sharing and security model for local accounts"を"Guest only - local users authenticate as Guest"に変更

 

2. 共有Folderの設定

「簡易ファイルの共有」を無効に
Explorer → Tools → Folder Options → View
"Use Simple file sharing (Recommended)"をOff

あとは共有したいFolderを右Click → Share and Security ...を選択して設定する。Everyoneに書き込み&閲覧権限を与えるのを忘れずに。

その他注意点

  • 共有Permissionと実Permissionの設定
  • Firewallの設定

 

3. 自動Login

下記Siteを参考に。

  1. [Windows + R]から"control userpasswords2"
  2. "Users must enter a user name and password to use this computer"のCheckをはずす
  3. "Apply"
  4. Dialogが表示されるので、自動LoginするUserの情報を入力

 

全て終わってから記事を書いたので抜けがあるかも。。。(汗

 

< Related Posts >

2011年11月17日木曜日

TortoiseSVNを1.7.1にUpgradeしてみた。Serverは1.6だけど

TortoiseSVNの1.7.1がReleaseされていたのでUpgradeしてみた。

TortoiseSVN-1.7.1TortoiseSVN 1.7からSubversion 1.7に対応して、Working CopyのData構造が変更になっているので注意。

まず最初に"SVN Upgrade working copy"を実行して、Data構造(.svn)をUpgradeする必要がある。

詳しくは下記を参照。

目に見える所だけ箇条書き

  • Root Directoryのみ".svn"が作成される。
  • UpgradeするとSVN Client 1.6系では操作できない。
  • ServerのSubversionをyumで管理している場合は、しばらくConsoleから直接"# svn update"が出来ない
  • 旧Repositoryとの互換性はあるので、Subversion(Repository) Serverが1.6であってもCommitなどは出来る。
  • Performanceが改善されている。"Show log"が早いとか。

Serverはyumで配信されるまで待ち。

 

< Related Posts >

2011年11月16日水曜日

ATEN CM0264でDual DisplayをMultiに切り替えたい

会社でDual Display(Apple Cinema Display A1081 20-inch x2)で作業していて、Windows 7, Mac Pro, Mac miniを切り替えたいなと久しぶりに切替器を調べてみた。

aten_cm0264そこで見つけた商品がこれ。

ATEN CM0264

2つのDisplayと4つのPCをMultiに切り替える事が出来て、各PC間のFile転送も片方のDisplayにDrag&DropするだけでCopy出来てしまう。Parallels Desktopを物理的に実現している感じ。

下記動画を見ると、どんな感じか分かる(英語)。

下記SiteのReviewも詳しい(英語)

Aten CM0264 2x4 DVI/HDMI KVMP Switch Review - Hardware Bistro

ただこれが結構高い。台湾の会社だから、そっちで調べると安いかも?

こういうの好きだから買ってしまいそうな気がする。隣の席空いているんだけどね(^^;

 

< Related Posts >

2011年11月15日火曜日

社内LAN向けにDNS Server"Bind"をInstall, 設定

images今の社内にはDNS Serverがおらず(RouterにもDNS機能がない)、名前解決するためにProviderのDNSに問い合わせていたので、DNS ServerをInstall, 設定したときのMemo.

環境はCentOS 6.0 64bit, Bind 9.7.0


社内にDNS Server(Bind)を導入する利点

  • DNS ServerのCache機能で名前解決が早くなるので、Networkの体感速度が上がる。
  • 社内の共有Serverに(Mac, Windows関係なく)名前でAccess出来る。
  • 名前でAccess出来ると共有ServerのIP Addressが変わっても通知しなくて済む。
  • (hostsを変更しなくても)本番環境のURLを社内の開発Serverに指定出来るので、Testし易い(かも)。

参考にしたのは下記Site.

 


1. Install

Install自体はyum経由でサクッと終了。自動起動とFirewallも設定しておく。
# yum install bind
# /etc/rc.d/init.d/named start
# chkconfig named on
# system-config-firewall-tui

 


2. /etc/named.confを編集

< 2013/05/29 Modified >
Bind 9.3の場合は
# yum install caching-nameserver
するとサンプルの設定ファイルがインストールされる。
/etc/named.caching-nameserver.confを編集してnamed.confを作成する。

 

利用を許可する範囲と自前で名前解決出来なかったときの外部DNSを指定

options {
    listen-on port 53 { 127.0.0.1; 192.168.0.0/24; };
    allow-query     { 127.0.0.1; 192.168.0.0/24;};
    /* Specify the IP addresses you can throw a query to this DNS. */
    allow-transfer { 127.0.0.1; 192.168.0.0/24; };

    /* If this DNS could not resolve your request, the request is forwarded to other DNS. */
    forwarders { 8.8.8.8; 8.8.4.4; }
    forward first;

     /* cache settings */
     max-cache-ttl 86400;
}

max-cache-ttlは秒を指定。なぜかDefault値が反映されなかったので設定した方がよさそう。(2011/12/13 Modified: ない方が安定して稼働するみたい)

次は各Zone Fileを読み込むための設定を追記. named.rfc1912.zonesを読み込んでいるので、"localhost"系はそっちに任せることにした。

"hoge.com"ではなく、"lan.hoge.com"をLAN内で使い、外部DNSで管理している"hoge.com"に影響が出ないようにする。

// forward map for lan.hoge.com
zone "lan.hoge.com" {
        type master;
        file "hoge.com";
};

// reverse map for 192.168.0.*
zone "0.168.192.in-addr.arpa" {
        type master;
        file "192.168.0.rev";
};

次はそれぞれ正引き(Forward)と逆引き(Reverse)のZone Fileを作成する。
directory       "/var/named"
の記述があるので、/var/namedがZone Fileの置き場所。

 


3. zone "lan.hoge.com"の設定

# cp named.empty lan.hoge.com
# vi lan.hoge.com

$TTL 3H
@       IN SOA  mercury.lan.hoge.com. root.mercury.lan.hoge.com (
                                        20111110        ; serial
                                        1D      ; refresh
                                        1H      ; retry
                                        1W      ; expire
                                        3H )    ; minimum
                     IN      NS      @

@                  IN      A       192.168.0.100
router             IN      A       192.168.0.1
mercury          IN      A       192.168.0.100
venus             IN      A       192.168.0.13
earth              IN      A       192.168.0.11
mars              IN      A       192.168.0.12
jupiter             IN      A       192.168.0.250

ns         IN      CNAME   mercury
www     IN      CNAME   mercury
nas       IN      CNAME   jupiter

 


4. zone "0.168.192.in-addr.arpa"の設定

# cp named.loopback 192.168.0.rev
# vi 192.168.0.rev

$TTL 1D
@       IN SOA  mercury.lan.hoge.com. root.mercury.lan.hoge.com (
                                        20111110        ; serial
                                        1D      ; refresh
                                        1H      ; retry
                                        1W      ; expire
                                        3H )    ; minimum
        IN      NS      @

        IN      PTR     lan.hoge.com.
        IN      A       255.255.255.0

1        IN      PTR     router.lan.hoge.com.
100     IN      PTR     mercury.lan.hoge.com.
11       IN      PTR     earch.lan.hoge.com.
12       IN      PTR     mars.lan.hoge.com.
13       IN      PTR     venus.lan.hoge.com.


5. 確認

作成したZone Fileの権限を変更
# chown named. lan.hoge.com 192.168.0.rev

Name Serverは自分を参照するように変更
# vi /etc/resolv.conf

search lan.hoge.com
nameserver 127.0.0.1

別Consoleを開いてLogを確認しながら
# tail -f /var/log/messages
# nslookup

Windowsから確認する場合はcmd.exeを起動して下記Command
> nslookup - 192.168.0.100

この場合192.168.0.100がName Server.

Pingで試している場合はCacheを削除するのを忘れずに。
> ipconfig /flushdns

Server側のCacheを削除するには
# rndc flush

無事名前解決することを確認できれば、DHCP ServerになっているRouterや固定IPのServerに設定して完了。

Secondary Name ServerはGoogle Public DNSのIP(8.8.8.8)を設定しておくと安心できる。

 


6. digで再帰問い合わせしないか確認

Bindの設定が再帰問い合わせ可能になっているとDDos攻撃の踏み台にされる可能性があるので、digを使って確認する。詳しくは下記Site.

ちなみにBindはTCPを利用しないので、hosts.allow, hosts.denyを利用することは出来ない。

 


< 2011/12/08 Modified >
名前解決が最近遅くなったと思ってlogを見ると次のようなErrorがいっぱい

named[8372]: error (network unreachable) resolving 'hoge.net/AAAA/IN': 2001:500:2f::f#53

bind9はDefaultでIPv6機能が有効になっているらしい。ここを参考に起動Optionを追加

# vi /etc/sysconfig/named

OPTION="-4"

再起動
# /etc/rc.d/init.d/named restart

さらにdigを使って試してみるとISPのDNS自体が遅いことが分かったので、forwarders先をGoogle Public DNSに変更。

そうすると、今度は下記Error(?)が吐かれて応答が時々遅くなる

success resolving 'hoge.jp/A' (in 'hoge.jp'?) after disabling EDNS

EDNS(Extension Mechanisms for DNS)はDNSの拡張仕様。詳しくは下記Siteで。

EDNSを無効すればいいのかな?と思い、/etc/named.confの最後に次の行を追記

server 0.0.0.0/0 { edns no; };

でBindを再起動すると、Google Public DNSからAccess拒否された。どうやら必須らしい。・・・で、元に戻して再び再起動。

するとErrorも出ず、名前解決の応答速度も素晴らしくなった。

・・・なぜだろう・・・一応解決?

ちなみにGoogle Public DNSはIPv6に対応しているので、CentOSのIPv6設定をしてあれば問題なく使えそう。それはまた次回。


 

< Related Posts >

2011年11月14日月曜日

[CentOS]Sambaのsmb.confを設定してFile共有(第2弾)

CentOS6をMinimal(CUI)でInstallしてSambaを設定したときのMemo.

Samba3年前に書いた記事が古くなったし、英語が苦にならなくなったので、必要な部分だけsmb.confを編集するようにした。

環境はCentOS 6.0, Samba 3.5.4

yum経由でSambaをInstall
# yum install samba

Firewallの設定を変更。今まではsystem-config-securityだったけど変わったみたい
# system-config-firewall-tui

SELinuxは知らない間に外部からのAccessを遮断するので無効に。
# vi /etc/sysconfig/selinux

SELINUX=disabled

SELinuxの設定を変更したら再起動
# reboot

sambaを起動
# /etc/rc.d/init.d/smb start
# /etc/rc.d/init.d/nmb start

自動起動するように登録
# chkconfig smb on
# chkconfig nmb on

以下、User認証する場合としない場合のsmb.conf
# vi /etc/samba/smb.conf


1. User認証する場合

# -- Netwrok Related Options

workgroup = WORKGROUP
server string = Hoge Samba %v
netbios name = Hoge
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932
hosts allow = 127. 192.168.0. 192.168.1.

# -- Standalone Server Options

username map = /etc/samba/smbusers

# -- Printing Options

load printers = no
;  cups options = raw
disable spoolss = yes
printing = bsd

 


2. User認証しない(PasswordなしでAccessしたい)場合

< 2014/05/09 Modified >
security=shareは「deprecated」 になっていたのでsecurity=usersの設定方法に変更。その他必要のない設定も削除。Samba 3.6.9

# -- Netwrok Related Options

workgroup = WORKGROUP
server string = Samba %v
netbios name = Hoge
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932
hosts allow = 127. 192.168.

# -- Standalone Server Options

security = share
security = users
passdb backend = tdbsam
guest account = nobody
map to guest = Bad User
guest ok = yes 
username map = /etc/samba/smbusers

# -- Printing Options

load printers = no
; cups options = raw
disable spoolss = yes
printing = bsd

[Share]
        comment = Share Folder
        path = /home/share
        browseable = yes
        writable = yes
        create mask = 0777
        directory mode = 0777

確認してSamba再起動
# testparm
# /etc/rc.d/init.d/smb restart
# /etc/rc.d/init.d/nmb restart

 

 

< Related Posts >

2011年11月11日金曜日

CentOS6 Install直後からLVM構成を変更する(失敗編)

CentOS6をMinimalでInstallしてLVM構成を変更したときのMemo. 今現在どのようなLVM構成になっているかを調べる方法は前の記事を参考に。

system-config-lvm

この記事は、結局Linux自体起動しなくなったので、あまり参考にならないと思う。

設定するPCはVMware ServerをInstallして開発用の仮想Machineを立ち上げる予定。Source FileはSubversionで管理するので、RAID化(冗長化)は考慮しない。

なので、今回のMissionはこれ。

  1. 使用していないLogical Volume(論理ボリューム)を削除
  2. homeに割り当てているLogical Volumeをその分増やす

参考にしたSiteは下記。

 


1. 使用していないLogical Volume(論理ボリューム)を削除

"Removing a logical volume"を参考に。Logical Volumeの確認から、
# lvdisplay
Openしてないので、サクッと削除
# lvremove /dev/vg_venus/lv_root
# lvremove /dev/vg_venus/lv_home

swap領域は停止してから
# swapoff /dev/vg_venus/lv_swap
# lvremove /dev/vg_venus/lv_swap

Volume Groupを削除
# vgremove vg_venus

 


2. homeに割り当てているLogical Volumeをその分増やす

解放されたPhysical Volumeをhomeで使用中のVolume Groupに追加。Physical Volumeの確認から。

# pvscan

PV /dev/sda2   VG vg_venus00  lvm2 [232.39 GiB / 0    free]
PV /dev/sdb2                           lvm2 [232.40 GiB]
Total: 2 [464.79 GiB] / in use: 1 [232.39 GiB] / in no VG: 1 [232.40 GiB]

# vgextend vg_venus00 /dev/sdb2
# pvscan

PV /dev/sda2   VG vg_venus00   lvm2 [232.39 GiB / 0    free]
PV /dev/sdb2   VG vg_venus00   lvm2 [232.39 GiB / 232.39 GiB free]
Total: 2 [464.79 GiB] / in use: 2 [464.79 GiB] / in no VG: 0 [0   ]

Logical Volumeに割り当てる。
# lvscan

ACTIVE            '/dev/vg_venus00/lv_root' [50.00 GiB] inherit
ACTIVE            '/dev/vg_venus00/lv_home' [176.82 GiB] inherit
ACTIVE            '/dev/vg_venus00/lv_swap' [5.58 GiB] inherit

空いてる領域全てを割り当てる
# lvextend -l +100%FREE /dev/vg_venus00/lv_home

# lvscan

ACTIVE            '/dev/vg_venus00/lv_root' [50.00 GiB] inherit
ACTIVE            '/dev/vg_venus00/lv_home' [409.21 GiB] inherit
ACTIVE            '/dev/vg_venus00/lv_swap' [5.58 GiB] inherit

変更を通知する
# resize2fs /dev/vg_venus00/lv_home

確認
# df -m

 


最後に3つ目のHDD(/dev/hdc)を/homeに追加したCommandもMemo。

# fdisk /dev/sdc

まずは既存Partitionの削除
d → x

# fdisk /dev/sdc

改めてPartitionを作成
Command (m for help): p
→ p → 1 → (Enter) → (Enter)

Command (m for help): t
→ 8e

Command (m for help): w

ここで再起動
# reboot

そして。。。

No root device found.Boot has failed.sleeping forever.

起動しなかった。

どこかで手順が間違ったのか?DefaultでRAID1構成になっているから、削除してはダメなのか?まだLVM自体がフワッとした理解なので、もっと勉強する必要がありそう。

とりあえずもう一度Clean Install. 今度はInstall画面でPartitionのLayoutを変更。

そのうちVM上で再挑戦する予定。

 

< Related Posts >

2011年11月10日木曜日

CentOS6 Install直後のLVM構成を確認するCommand

CentOS 6をMinimalでInstallしたはいいけど、どんなLVM(Logical Volume Manager)構成になっているか調べたときのMemo.

system-config-lvm

環境はCentOS 6.0 64bit


参考にしたのは下記Site.

 


1. 接続されているDiskを確認

# dmesg | grep disk

sd 1:0:1:0: [sdc] Attached SCSI disk
sd 0:0:0:0: [sda] Attached SCSI disk
sd 0:0:1:0: [sdb] Attached SCSI disk

ちなみにこのHDDは3つとも250GB.

 


2. Partitionの構成を確認


# less /proc/partitions

   8        0  244198584 sda
   8        1     512000 sda1
   8        2  243685376 sda2
   8       16  244198584 sdb
   8       17     512000 sdb1
   8       18  243685376 sdb2
   8       32  244198584 sdc
   8       33  244196001 sdc1
253        0   52428800 dm-0
253        1    5849088 dm-1
253        2    4161536 dm-2
253        3   52428800 dm-3
253        4  187092992 dm-4
253        5  185405440 dm-5

物理DriveのPartitionとLVMのPartitionを確認できる。

また次のCommandでも確認できる。
# fdisk -l


3. 現在の使用状況を確認

# df -m

Filesystem    1M-blocks   Used Available Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_venus00-lv_root
                     50397         950      46887   2%    /
tmpfs               1828            0        1828   0%    /dev/shm
/dev/sda1           485           46         414  10%    /boot
/dev/mapper/vg_venus00-lv_home
                    178219        188      168978   1%   /home

LVMで構成したPartitionに
50GBをroot,
180GBをhome
に割り当てていることが分かる。

次はLVMの構成を確認。各Commandは用語を知っておくと覚えやすい

PV Physical Volume 物理ボリューム
VG Volume Group ボリュームグループ
LV Logical Volume 論理ボリューム

 


 

4. Physical Volume(物理ボリューム)の確認

# pvdisplay -C

PV           VG             Fmt  Attr PSize    PFree
/dev/sda2  vg_venus00 lvm2 a-    232.39g    0
/dev/sdb2  vg_venus     lvm2 a-    232.39g    0

Physical VolumeとVolume Groupの対応。pvscanでも似たような結果。

 


5. Volume Group(ボリュームグループ)の確認

# vgdisplay -C

VG            #PV #LV #SN    Attr      VSize   VFree
vg_venus      1     3     0    wz--n-    232.39g    0
vg_venus00   1     3     0    wz--n-    232.39g    0

それぞれのVolume Groupが1つのPhysical Volumeと3つのLogical Volumeを持っていることが分かる(vgscanでもOK)。ちなみに"venus"はこのPCの名前。

# vgdisplay -v vg_venus

指定したVolume Groupに含まれているLogical Volumeを表示

 


6. Logical Volume(論理ボリューム)の確認

# lvdisplay

--- Logical volume ---
LV Name             /dev/vg_venus/lv_root
VG Name            vg_venus
# open                 0
LV Size               50.00 GiB

--- Logical volume ---
LV Name             /dev/vg_venus/lv_home
VG Name            vg_venus
# open                 0
LV Size               178.43 GiB

--- Logical volume ---
LV Name             /dev/vg_venus/lv_swap
VG Name            vg_venus
# open                 1
LV Size               3.97 GiB

--- Logical volume ---
LV Name             /dev/vg_venus00/lv_root
VG Name            vg_venus00
# open                 1
LV Size               50.00 GiB

--- Logical volume ---
LV Name             /dev/vg_venus00/lv_home
VG Name            vg_venus00
# open                 1
LV Size               176.82 GiB

--- Logical volume ---
LV Name             /dev/vg_venus00/lv_swap
VG Name            vg_venus00
# open                 1
LV Size               5.58 GiB

(一部省略)これによると
/dev/vg_venus/lv_root
/dev/vg_venus/lv_home
が(openしてないので)使われていない。

/proc/mdstatを確認して、Raid構成しているわけでもなさそうなので、次回はこれらを解放して容量を他にまわす予定。

ちなみにGUI(GNOME)をInstallしてあれば、Strage管理Toolで簡単に確認できる。

 

< Related Posts >

2011年11月9日水曜日

Android携帯Xperia Active 初期設定

前の記事で初期化したあとの設定をMemo.

Keyboardの設定をしたあと、入力方法を変更するには、HomeにあるGoogle検索Boxとかを長押しして"Input Method"を選ぶ

Google Account、FacebookとSyncすれば電話帳と着信履歴は復元される。あと壁紙も。

 

UninstallするApplication

Name Comment
Xperia Hot Shots "Xperia Hot Shots" ApplicationへのLink
Foursquare
(Official Site)
位置情報を共有できるService。人気が出てきているらしい。
McAfee Security
(Official Site)
位置情報のTracking. Anti-Virus, Backup, Restoreが出来る。万が一に備えたい人向け。
Application Installer 起動するとSD CardをScanし始めた。対応するFileがあえばInstallしてくれる?
UEFA.com Soccer好き向け
appXtra Game系ApplicationをInstall出来る(?)

 

Pre-InstallされているApplicationもUninstall
今のところADW.Launcherで見えないようにするだけ。

Name Comment
Setup guide  
Sync Sony EricssonのAccountで同期できるみたい。
Quadrapop Game
Wisepilot 位置情報を取得して道案内してくれる。
Get apps Sony EricssonがオススメしているApp一覧(?)
Get games Gameはしない
Music & Videos FacebookのFriendの曲とVideoを表示(Widget)
Games & apps FacebookのFriendのGameとappを表示(Widget)
Email Gmailを使うからいらない

 

 

InstallしたApplication

Name Comment
ADW.Launcher 無料
Home画面をCustomize出来る。
削除できないAppは、Catalog分けして普段見えないようにしておけるので便利。
有料版はさらに快適らしい。
IMoNi 無料
DoCoMoのi-mode.netに接続して、Emailの送受信が出来る。i-mode.netの契約が別途必要。
Google+ Accountを持っているので一応
SugarSync Accountを持っているので一応
Skype Accountを持っているので一応
M1 Wireless@SG Singaporeの無料Wi-fiにつなぐためのApp. 詳しくは前の記事を参照。
Advanced Task Killer 定期的にBackgroundで動いているAppをKillしてくれる。
→ まだMemoryに余裕があるので使わなくなった。
Google日本語入力 Xperia Activeの狭い画面でも使いやすい。


< 2011/12/16 Modified >
Google 日本語入力を追記。


 

< Related Posts >

2011年11月8日火曜日

Singaporeで折りたたみ自転車(Folding Bicycle)を探す

Officeまで自転車で通うために周りの人に聞いた情報をMemo.

防犯登録がないSingaporeでは盗ったもん勝ちなので、かなり気を付けていないと簡単に盗まれるらしい。

店のLink一覧

買ったのはこれ。S$65. この金額なら盗まれても諦めがつく。

IMG_0178

Speedが出なくてお尻が痛くなるので、本当にチョイ乗り用。

2011年11月4日金曜日

ImgBurnでDVD+R DLに書き込み時にError

8GBのISO Fileを片面二層のDVD(DVD+R DL)に書き込もうとしたときのMemo.

環境はWindows 7 Home Edition 64bit (英語版).

使ったWriting SoftはImgBurn 2.5.6.0. Freeで必要十分な機能があるので使いやすい。

Defaultの設定で書き込もうとしたら下記Error.

Failed to Read Sector 664604 - Reason: L-EC Uncorrectable Error

image

知恵袋でBuffer Sizeを増やせばいける。という情報があったので、
Tools → Settings... → I/O → Page 2
のBuffer Sizeを301MBにしてみた。

40Mの設定で16%までいけたので、250M以上あれば100%いける計算。

その他の設定は下記Siteを参考に。

フリーのライティングツール「ImgBurn」の使い方

これでも同じError.

Discがもったいないので諦めた。

さっき見たら
Tools → Settings... → Build → Page 2
にRead Buffer Sizeを設定する場所があったので、今度はこれも設定してやってみよう。。。あと、iso fileが共有Folderにあったのもいけなかったかもしれない。

2011年11月3日木曜日

CentOS 6.0をInstallしたらNetworkに自動で接続してくれない

CentOS 6.0をMinimalでInstall後、RebootしてもNetworkに接続できなかったときのMemo。

設定Fileに自動起動するよう記述して再起動。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

ONBOOT=yes

# reboot

再起動後、Networkの設定

# system-config-network
# /etc/rc.d/init.d/network restart

Securityの関係でこうなったのかな?

2011年11月2日水曜日

EPSON Expression 1680 Professional(Scanner)のEPSON Scan Utilityが起動しない。

OS再Install → Scanner Driver Install → EPSON Scanが起動できなくてハマったときのMemo.

Error Messageは

EPSON Scan cannot be started

だけ。

環境:Windows XP Professional SP3(英語版).

DriverのDownloadはOfficial Siteから

Epson Expression 1680 Professional, Drivers & Downloads - Technical Support - Epson America, Inc.

Installする前に復元Pointを作っておいた方がいい。
Start → Accessories → System Tools → System Restore

理由は分からないけど、下記手順でEPSION Scanが起動するようになった。

  1. Install "Scan Server v1.21E(epson10175)"
  2. Install "TWAIN Pro Driver v2.10A (Rev. C)(epson10403)"
  3. Restart
  4. Install "TWAIN Driver and EPSON Scan Utility v2.94A(epson11924)"
  5. Install時に上書きするか聞かれるので全て"Yes"
  6. Restart

単純に"TWAIN Driver and EPSON Scan Utility v2.94A"をInstallだけでは動かなかったので、前の2つに必要な何かがあったみたい。

このあと"EPSON Scan Server"をUninstallしても問題なかった。Uninstall時にdllを削除する確認画面では"Not to All"を選択。

2011年11月1日火曜日

携帯電話(VCF)の連絡先をGoogle Contacts(連絡先)へ移行

Android携帯Xperia Activeを買ったので、連絡帳はGoogle Contactsで一括管理することにした。DoCoMo F-01CからVCF形式の抜き出して、Google ContactsへImportしたときのMemo.

 

1. 携帯電話から電話帳をCSV形式でExport

ドコモケータイdatalinkを使うと簡単にできる。携帯の機能でExportする場合は下記を参考に。

「簡単!バックアップナビ」 PDF版ダウンロード | お客様サポート | NTTドコモ

ExportしたVCF形式をCSVに変換するには、下記SiteでVBScriptが公開されている。保存するときは、Shift-JIS, CR-LFで。

vCard形式をGoogle CSV形式に変換するスクリプトを書いてみた - 情報科学屋さんを目指す人のメモ

Groupを考慮してExportしてくれるので便利。Google Contactsには"Restore contacts ..."で数時間前(←選べる)の状態に戻せるので、気軽にImportが試せる。

 

2. CSVの編集

Excelで編集するときは
データ → 外部データの取り込み → データの取り込み
から行うと番号の先頭の「0」が消えなくて済む。

名前の項目は次のような感じ。

CSV項目名 意味
Name 氏名(姓+名)
Given Name
Family Name 姓(苗字)

英字でIndexできるように次のように変換した。

CSV項目名
Name  
Given Name Taro
Family Name Yamada
Given Name Yomi タロウ
Family Name Yomi ヤマダ
Notes 山田 太郎

 

3. Google ContactsへImport

注意点

  • Importするときは"日本語"で行わないと"読み"が反映されてない
  • 英語でMergeすると”読み”がなくなる(たまに消える)

Xperiaの中で、Facebookの情報と自動的に紐付けて表示してくれるのが便利。Emailか電話番号がKeyになっているみたい。

ちなみに"Accounts & Sync"の設定で、"Facebook inside Xperia"だけ自動同期をしておけば、通常のFacebook Accountでの同期は必要ないみたい。

Facebook人口が少ない日本では、普通にGroup管理できる連絡帳Appを利用した方が便利かも。

 

< Related Posts >

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives