2012年1月19日木曜日

iOS, Android開発をJavaScriptで行うTitanium Mobileを試す

Titanium_appceleratorAdobe Digital Publishing SuiteのLicense価格が高いので、JavaScriptでサクッとiPad Appが作れると噂の"Appcelerator Titanium Mobile"を調査。

環境: Mac mini (Mac OS X Lion 10.7.2) (Mid 2010版), Xcode 4.2.1

ちなみに"Titanium"の発音は「タイテニアム」

 


1. Download "Titanium Studio"

AppceleratorのOfficial Siteから"Download Titanium"をClick. 初めての場合はAccountを作成(無料)してDownload.

今のVersionは1.0.7

 


2. Install "Titanium Studio"

まだXcodeをInstallしていない場合はApp StoreからInstallしておく。

DownloadしたdmgをDouble ClickでMountして、画面の指示に従ってApplication FolderにDrag&Dropするだけ。

起動するとJavaを自動でInstallしてくれる。さらにPluginもUpdateされるので、しばらく待つ。

 


3. Create "Hello World" application

左Panelの"Create Project" → Titanium Mobile Project →

Project name: HellowWorld
App Id: net.hoge.helloworld
URL: http://hoge.net/

Firefoxの有無をCheckするのでInstallしておく。

作成後、Run → Runを実行するとCompile後iOS Simulatorが起動されて実行できる。

image

 


4. Import "KitchenSink" Sample App

ControlのSample集"KitchenSink"をInstallする。

File → Import... → Git - Git Repository as New Project

GitHubのURIを入力する。

https://github.com/appcelerator/KitchenSink.git

Run → Run Configurations
を設定して、実行できるか試してみる。

 


5. Read documents

価格は基本無料。Supportで収益化するBusiness Modelらしい。詳しくはOfficial Siteで。

大人しくOfficial SiteのTraining動画を見るのが分かりやすいと思う。英語だけど。

日本語は下記SiteのWikiが詳しい。でも少し情報が古い

その他

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives