2012年1月13日金曜日

"Closure Library プログラミングガイド"を読んだ

closure_library_programming_guide今後Desktop ApplicationからWeb Applicationへ移行するにつれて、必要になってくる大規模Web Application向けJavaScript Library。その代表格"Closure Library"。

Closure Libraryを利用して勉強がてら作ったのが

Google Chrome Extension"History Plus v2.0"

GitHubでも公開しているので、興味のある方はそちらも参考に。

作ったはいいけど、読みにくいし、拡張しづらいので、もっと理解を深めるために参考書を読んでみた。買ったのはこちら。

日本のAmazonで購入 → 転送.comでSingaporeへ転送。海外への転送料金もバカにならないので、「おまとめ梱包」をうまく利用するのがオススメ。

この本はClosure Libraryの基礎知識などまとまっているので、これから勉強する人たちにもオススメできる。特に"5.1 UIフレームワークの基礎知識"は個人的に必読だと思う。

ただ実際に
Programmingする → 実行 → Componentを組み合わせて一つのApplicationを作り上げる
をやらないとなかなか理解しづらいと思う。

さらにClosure Library(の設計思想)を理解するのにObject指向やJavaScriptなど、それぞれ深いLevelの知識が必要なので、JavaやObject指向開発の経験がないと苦労すると思う。

著者の方のBlogでもClosure Libraryに関する情報を発信しているので要Check.

さて、History Plusを作り直そう。。。

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives