2012年4月12日木曜日

TeraTermの日本語文字化け対策して、次回起動時も反映する設定

teraterm-setting日本語環境のCentOSに接続したときにTeraTermが文字化けするのを直す方法。

環境: Windows 7 Home Premium 64-bit, TeraTerm 4.73, CentOS 5.8

Downloadは公式Siteから。

文字化けするときに確認するのは下記2つ。


< 2015/07/06 Modified >
サーバー側の文字コードを確認
# vi /etc/sysconfig/i18n

LANG="en_US.UTF-8"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

再ログインして確認
# env



< 2013/05/22 追記 >
Setup → General... Languageを「UTF-8」か「Japanese」にしないと下記設定項目が出てこない。v4.77で確認。


 

1.Setup → Terminal... → localeを「japanese」にする。

image

2.Setup → Font... → 日本語Font「MS Gothic」とかにする。

image

 

これを次回起動時にも反映させたいので、
Setup → Save setup...
を選択して設定fileを出力する。これをTeraTermのInstall Folderにある同名のFile(TERATERM.INI)に上書きするばok.

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives