2012年10月1日月曜日

iOS6「Passbook」の出来ることまとめ(開発者視点)

iphone_passbook社内のStrategy Meetingのために調べたことを覚書。

 


Passbookの概要

iOS6から標準アプリとして搭載。お店のクーポン、ポイントカードなどを一元管理して、必要なときにお知らせしてくれる。

 


機能について

必要な情報は公式Apple Developer Siteから(英語)。

下記表は主に「Getting Started with Passbook on iOS 6」から抜粋

Passbookに登録できるPassは主に4 + 1種類

Pass形式 概要
搭乗券(Boarding Pass) 飛行機や電車などで利用
クーポン(Coupon) プロモーション商品などの割引
チケット(Event Ticket) 特定の日時場所で行われるイベントの案内を提供
お店カード(Store Card) お店やクラブなどで会員の情報を表示。ポイントカード、金券など。
その他(Generic) 上記以外。会員カードなど。

 

User側が便利に思うこと

  • 位置情報を登録しておくことで、近くに来たら通知してくれる。
  • 日時や場所が変わっても自動更新・通知される(飛行機の搭乗口変更など)
  • 会員カード、搭乗券、クーポンを一元管理できる。

配布(お店)側が出来ること

  • プッシュ形式の通知をiPhoneに送ることが出来る。
    → やろうと思えばNews Letterみたいなことも出来る
    → Passに変更がないのに通知を送っちゃダメってGuidelineには書いてある
  • 会員管理、クーポンの利用率など統計が取りやすい。

 


Passの作成について

 


配布について

配布方法は主に3つ

  • 専用App
  • E-mailの添付File
  • Web経由で直接Download

注意点

  • iOS6以上でないと利用できない

その他

  • Passから簡単に専用AppへLink出来る(ない場合はInstall)。
    → 専用Appの拡散に繋がる

 


運用について

  • Barcodeを読み込んで管理する仕組みは自前で用意しないといけない。
    → 見せるだけで使用できるクーポン系は(開発者なら)簡単に複製可能
    → だから正規Passか認証する仕組みは必須

Passを掲示されたときにスキャンして認証できる仕組みを提供できるかが導入の鍵

 


事例

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives