2012年10月12日金曜日

TitaniumのMVC Framework"Alloy"用Sample Test Appsを動かす

Titanium_alloy_sample-appAlloyのInstallまでは前の記事を参考に。参考になるDocumentが少ないのでGitHubのREADME.mdに書いてあるSample Test Appsを動かしたときの覚書。

環境: Mac OS X 10.8.2, Xcode 4.5, Titanium Studio 2.1.2, Titanium SDK 2.1.3.GA, node.js 0.8.11

 


jakeとは

jakeはJavaScript用のビルドツール。node.js上で動く。記述されたルールに従って環境に合わせた作業を自動的に行なってくれる。GNU makeと似てる。詳しくは下記。

例えば下記Siteでは、UglifyJSとJakeを利用して、

「複数あるJavaScriptファイルの依存関係を解決しながら圧縮(Compile)する」

作業を自動化するjakefileを公開している。

Google Closure Libraryと何が違うんだ?と思って調べたのでメモ。

Closure Compiler Java上で動くJavScriptファイルを最適化(圧縮)するツール
UglifyJS node.js上で動くJavScriptファイルを最適化(圧縮)するツール
jake node.js上で動くビルドツール

 


Install jake

npm経由でInstallして確認。npmのInstallは前の記事を参考に。

$ sudo npm install -g jake
$ jake -v

version 0.4.1がInstallされた。

 


Execute Sample Apps

npmでInstallされたDirectoryを確認。
$ npm list -g

/opt/local/libの下にInstallされたことが分かったのでAlloyのjakefileがあるところまで移動
$ cd /opt/local/lib/node_modules/alloy

test/apps/ui/toolbarにあるSampleを動かしてみる
$ sudo jake app:run dir=ui/toolbar

自動的にSimulatorが立ち上がるはず。

 


Prepare for Titanium Studio

test/apps/ui/tabgroup/をTitanium Studioで読み込める形式に変換してみる。
$ sudo jake app:setup dir=ui/tabgroup/

実行すると、test/projects/HarnessにSetupされるので、これをCopy
$ cp -r test/projects/Harness ~/Documents/Titanium\ Studio\ Workspace/

あとはTitanium Studioの方で
File -> Import... -> Existing Folder as New Project
から読み込んで、実行してみると動くはず。

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives