2013年4月30日火曜日

Titanium CLIでAndroid向けにCompile(Build)と実機でDebug

titanium-cli_android_debugiOS向けの開発が一段落したのでAndroid向けに作業し始めたときの覚書。

環境: Mac OS X 10.8.3, Titanium SDK 3.1.0.GA, Android SDK Platform-tools 16.0.2

公式ドキュメントを参考に。

 

とりあえずコマンドオプションをAndroidプラットフォームに向けてビルドしてみると下記エラー。
$ titanium build -p android --log-level trace --target device

[ERROR] Unable to detect Android SDK targets.

「--adnroid-sdk」のオプションを付けても同じエラー。先に「setup」しないとダメらしい。
$ titanium setup

Path to the Android SDK: (this is needed for building Android apps) /Applications/android-sdk-macosx

設定ファイルは~/.titanium/config.jsonに保存された。

 

Android実機にインストールするときには
設定 → セキュリティ → 提供元不明のアプリ
設定 → 開発者向けオプション → USBデバッグ
がオンになっていないと認識してくれないので注意。

 

KichinSinkで試してみる。
$ titanium clean
$ titanium build -p android --log-level trace --target device

実機でconsole.logの出力を監視したい場合はAndroid SDKのadb(Android Debug Bridge)を使う。

別コンソールを起動して
$ cd /Applications/android-sdk-macosx/platform-tools/
$ ./adb -d logcat | grep -G '\(TiAPI\)\|\(TiApp\)'

 

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives