2013年6月19日水曜日

Galaxy S4に対応したAndroid Emulator AVDを作成

android-virtual-deviceTitanium Mobileを使ってAndroidアプリを作っている際にGalaxy S4の環境での動作確認がしたくて、AVD(Android Virtual Device)に似たような環境を作ったときの覚書。

環境: Mac OS X 10.8.4, Android SDK Tools 22.0.1

Official Documentを参考にしながら。

 

まずはAVD Managerの起動。
/path-to-android-sdk/tools/android → Android SDK Managerを起動 → Tools → Manage AVDs...

デバイスを追加。
Device Definitions → New Device...

項目 設定値
Name Galaxy S4
Screen Size (in) 5
Resolution (px) 1080x1920
Sensors ALL
Cameras Front, Rear
Input No Nav
RAM 500MiB (実際は2GB)
Size Normal
Screen Ratio long
Density xhdpi (参考Site
Buttons Software
Device Status Portrait, Landscape

 

Deviceの一覧に表示されるので、「Create AVD」からAVDを作成。

項目 設定値
AVD Name galaxy_s4
Device Galaxy S4
Target Android 4.2.2 - API Level 17
CPU/ABI ARM (armeabi-v7a)
Keyboard on
Skin on
Front Camera None
Back Camera None
Memory Options RAM: 1024
VM Heap: 64
Internal Storate 2 GiB
SD Card 1 GiB
Emulation Options Use Host GPU

作成完了。

そのままStartすればエミュレータが起動する。

コマンドから起動する場合
$ cd /Applications/android-sdk-macosx/tools/

名前確認
$ ./android list avds

起動
$ ./emulator -avd galaxy_s4

 

Titanium StudioやTitanium CLIを使って特定のAVDを指定したビルドは出来ないので、AVDに手動でインストールしてみる。

まずは「--build-only」オプションを付けてビルド実行
$ titanium build -p android --build-only

エミュレータ(デバイス)にアプリをインストールするのはADB(Android Debug Bridge)を使う。
参考:Android Debug Bridge | Android Developers
$ cd /Applications/android-sdk-macosx/platform-tools/

接続しているエミュレータ/デバイスの一覧
$ ./adb devices

ビルドしたアプリをインストール
$ ./adb -e install -r "/Users/daiki/Documents/Titanium Studio Workspace/hoge/build/android/bin/app.apk"

ddmsでログを監視しながらデバッグする。

 

結構レイアウトが崩れるので何か手を考えないといけない。。。

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives