2013年10月10日木曜日

Subversion 1.8系をCentOSにInstall (YUM経由)

subversion_installSubversionのクライアント環境だけCentOSに追加したときの覚書。

環境: CentOS 5.9, Subversion 1.8.3

Subversionのサービスを提供しているWANdiscoがインストール用のシェルスクリプトを配布しているのでそれを利用する。

ダウンロードするために登録が必要。

YUMで配布してくれるなら、これくらいはお安い御用。

登録したメールアドレスにリンクが送られてくるので、それをクリックしてダウンロード。

あとはサーバーに置いて実行する。

# chmod 655 ./svn1.8_rhel5_wandisco.sh
# ./svn1.8_rhel5_wandisco.sh

Subversionのクライアントとして使うのでapacheのSVNモジュールはインストールしない。

チェックアウトしてみる。
# svn checkout http://dev.hoge.net/project/branches/demo demo/ --username hoge

ちなみにサーバーはSubversion 1.7.9

コマンドは忘れるものなのでヘルプで確認
# svn help

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives