2013年12月2日月曜日

Google Play BooksへPDF形式を登録・出版(電子書籍化)

teniteo-mini愛知県中心に発行しているフリーペーパー「teniteo」の東京版「teniteo mini」を無事出版できた。

iPhone, Android向けのteniteoアプリも利用者が増えてきたので、以前から要望のある「フリーペーパー自体をスマフォで見れるようにしたい」というのをGoogle Play Booksでどの程度実現できるか試してみた。

詳しくは公式ヘルプで。

利用登録後、ブックスパートナーで設定できる配信先は2つ。

Google Play
→ 主にスマフォ向け
「Playストア」で検索でき、購入後Androidの「Playブックス」で読める。
Googleアカウントで紐付いていて、いろんなプラットフォームで読む方法が提供されている(Web, Android, iOS)
Google ブックス
→ 主にPC向け
Googleの書籍検索から検索・プレビューが出来るようになる。
プレビュー出来る範囲を指定可能。
Flash版のデジタルブックと比べて、本のような動きは出来ないけど問題なく読める。
Googleの検索に引っかかるようになるのは大きい。

40ページ(46MB)のPDFファイルをアップロードして処理完了するまで、約1時間かかった。

ページごとのPDFをアップロードすることも可能。その際はファイル名をガイドラインに従う必要がある。

 

結局2時間経ってもGoogle Play、Google ブックスに表示されなかったので、次の日(約22時間後)確認したら表示されてた。

 

でも「要対応」に次のエラーが表示されていて、Google Playから購入できない(価格は「無料」に設定)。

この書籍は次の理由で掲載されていません:

  • 価格情報がないか、適切ではありません

 

「Google Playの設定」から価格のところで国コードを入力する箇所に「WORLD」としていたのが原因みたい。「JP」に変更してしばらくしたら無料でダウンロードできるようになっていた。

最初原因が分からずペイメントセンターも登録したのでこちらも必要かもしれない。

 

< 2014/07/04 Modified >
日本語名のPDFをアップロードすると24時間以上経っても「処理中」のままだったので注意。英字のみにアップロードし直すと数時間で公開された。

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives