2015年4月24日金曜日

Appcelerator Studioを仮想環境にInstallして試す

appceleratorいきなり今の環境をアップグレードするのは恐いので、仮想環境のMacにAppcelerator Studioをインストールしたときの覚書。

ホスト環境:OS X 10.10.2, VMware 7.1.1
仮想環境:OS X 10.10.3, Xcode 6.3.1

Titanium SDK 4.0からはAndroid 2.3がサポートされないので、仕事で使っている環境は当分アップグレード出来ない。

 

目次

  1. Appcelerator Studioをインストール
  2. Appcelerator Studioを起動
  3. Android SDKをインストール
  4. ビルドしてみる

 

参考

 


1.Appcelerator Studioをインストール

公式サイトの「Get the latest Tools」からAppcelerator Studioをダウンロードしてインストール。というかコピーするだけ。

起動するとJava SE 6 runtimeが必要といわれるので、AppleのサポートページからJavaをダウンロードしてインストール。

 


2.Appcelerator Studioを起動

起動するとセットアップが開始。node.js 0.10.37がインストールされた。

アカウントを入力してログインすると認証コードの入力が必要になる。登録したメールに送られる。

 

 


3.Android SDKをインストール

公式サイトからダウンロード。

Android Studioは10.10をサポートしてないようなので、Stand-alone SDK Toolsをダウンロード。解凍したandroid-sdk-macosxをApplicationsに配置。

tools -> androidを起動

API10, API19, API21, Google Play servicesに追加でチェックをしてインストール。

ここで仮想マシンのディスク(40GB)がいっぱいになって途中で停止。VMware Fusionで120GBに増やして再起動。Disk Utilityでパーティションのサイズ変更。再開。

 

Appcelerator StudioのPreferences...

Studio -> Platforms -> Android

のAndroid SDK Homeにパスを設定。

 


4.ビルドしてみる

SSHでログイン。既存のTitaniumアプリをチェックアウト。
$ cd Documents/Appcelerator_Studio_Workspace/
$ svn checkout
http://svn.hoge.jp/repos/hoge/trunk/app app
$ cd app

appcコマンドになったらしいので、ヘルプを確認
$ appc help

セットアップ
$ appc ti setup

ビルドしてみる
$ appc ti build -p iphone -T simulator --sim-64bit --tall

[ERROR] Unable to compile project because the 'sdk-version' in the tiapp.xml is not installed

ti.xmlを編集して4.0.0.Beta3を使うように変更して再ビルド。
$ appc ti build -p iphone -T simulator --sim-64bit --tall

[ERROR] Application not registered.

登録しないとビルド出来ないようになったのかな?

Appcelerator Studioを起動しても「Server Currently Unavailable」が表示されているので、とりあえずここまで。

 

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives