2015年5月20日水曜日

RedmineとGitLabにGoogle Appsアカウントでログイン

google-account_redmine_gitlabGitLabを導入してRedmineのアカウントと連携するために、両方Google Appsのアカウントでログイン出来るように設定したときの覚書。

環境: CentOS 6.6, Redmine 3.0.3, GitLab 7.10.4

 

目次

  • Redmineにプラグインをインストール
  • GitLabで「omniauth」を有効にする

 


1.Redmineにプラグインをインストール

プラグインのサイトにしたがってインストールと設定。

こちらは古いのでRedmine 3.0に対応しているのを使う

# cd /opt/redmine/plugins
# git clone https://github.com/yamamanx/redmine_omniauth_google.git
# cd ../
# bundle install --without development test

再起動
# /etc/rc.d/init.d/redmine restart

管理者でログインして
プラグイン → Redmine Omniauth Google plugin
Google Developers Consoleで取得した値を入れる。

Available domains: (ログイン制限したいドメイン)
Oauth authentification: (チェック)

これでGoogle Appsにログインした状態でログイン画面の「Login via Google」ボタンをクリックすると認証後にログインする。

すでにメールアドレスが登録されていればそのユーザーでログインする。

 


2.GitLabで「omniauth」を有効にする

GitLabは設定ファイルを編集すればいい。詳しくは前の記事を参考に。

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives