2015年5月21日木曜日

WindowsにGitの環境を構築(msysGit + TortoiseGit)してGitLabにPush

windows8_gitWindowsにGitの環境を構築して、GitLabにPushするまでの覚書。

環境: Windows8.1 x64

 

目次

  1. msysGit(Git for Windows)をインストール
  2. TortoiseGitをインストール
  3. 公開鍵を生成してGitLabに登録
  4. TortoiseGitでCloneしてPushしてみる

 


1.msysGit(Git for Windows)をインストール

Gitの公式サイトmsysGitのページからダウンロードする。どちらも同じ。歴史的な理由で「msysGit」となっているだけ。

インストール時に選択した項目

  • Use Git from Git Bash only
  • Checkout as-is, commit as-is

 


2.TortoiseGitをインストール

公式サイトからダウンロード。

 


3.公開鍵を生成してGitLabに登録

Windowsキーを押して「puttygen」と入力するとTortoiseGitと一緒にインストールされた「Putty Key Generator」が出てくる。

「Generate」→ (パスフレーズなしで)「Save private key」

GitLabへログイン後、Profile → SSH Keys → Add SSH Key

登録するとgitユーザーのホームディレクトリになっている
/var/opt/gitlab/

.ssh/authorized_keys
が作られる。

これでgitユーザーでSSHログインが可能になった。

 


4.TortoiseGitでCloneしてPushしてみる

GitLabにテスト用「hello-world」プロジェクトを作成。

Windowsエクスプローラーの適当なフォルダで右クリック → Git Clone...

GitLabに表示されているSSHアドレスをURLに入力。

「Load Putty Key」に先ほど生成したSSHプライベートキーを指定。

Clone完了。

「README.mb」を作ってCommit → Push

成功すればGitLabでも確認できる。

 

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives