2015年6月19日金曜日

CentOS6のGCCをYUM経由(devtoolset2)でUpdate

centos_gcc_updateV8をビルドしようとしてズブズブと深みにハマっているときの覚書。

環境: CentOS 6.6

 

参考

 

devtoolsetを使うと既存の環境に影響を与えずに新しいgccを使えるようになるらしい。

上記サイトにYUM経由でアップデートする方法があるので、基本これに従う。

仮想環境で実行している場合はスナップショットをとっておく。

# cd /etc/yum.repos.d/
# wget http://people.centos.org/tru/devtools-2/devtools-2.repo

devtoolset-2のGCC, GCC-C++をインストール
# yum install devtoolset-2-gcc devtoolset-2-binutils devtoolset-2-gcc-c++

インストールされたのを有効に
# scl enable devtoolset-2 bash

確認
# gcc --version

gcc (GCC) 4.8.2 20140120 (Red Hat 4.8.2-15)

どこにインストールされたか確認
# rpm -ql devtoolsset-2-gcc

 

常に有効にする場合は下記記事を参考に。

 

V8をコンパイル出来たけど、v8jsはCentOS6の環境で動かなかったので結局元に戻した。

CentOS7だとgcc 4.8.3でv8jsも問題なく動くのでこちらを使った方がいい。

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives