2015年2月25日水曜日

Aterm MR03LN+激安SIMで自宅LAN構築。もう回線工事とかいらない

network_cost引越し先のインターネット回線をどうしようか迷ってたときの覚書。

今までの経緯

  1. フレッツ光回線が高い。月額5,000円ぐらいかかる
  2. その金額払うなら場所に縛られない「WiMAX」で十分?
  3. 値段があまり変わらないなら通信速度が速い方がいいでしょ?
  4. NTTが光回線の卸売りを始めて月額3,000円台で光回線ができる。
    参考:U-NEXT光コラボレーションとは│U-NEXT光コラボレーション
  5. 引越し先がマンションタイプか戸建てタイプか分からない
  6. NTTから工事の連絡が来ない
    → 連絡来た。マンション自体に光回線が来てないから急ぐ場合は「戸建て」タイプになるらしい。
  7. 引越し完了。でもPCでインターネットに接続出来ないから禁断症状が出てきた(笑

 

自宅からインターネットへ接続するときはSIM経由にすることにした。SIM対応していて条件にピッタリの製品があった。

 

Amazonで22,488円だった。

 

SIMは今Nexus5で使っている月額500円のをそのまま使う予定。

 

実際使ってみたら250Kbpsでは動画も見れない状態だったので、OCNモバイルONEに変更(最大150Mbps)。

 

OCNモバイルONEに変更しての感想

  • 動画も問題なく見れる
  • Windows UpdateやiTunesの更新で数百Mbyteダウンロードするときでもストレスないぐらいで完了する
  • Nexus5用にSIM追加すればモバイルルーターを持ち歩く必要ない。通信容量をシェアできる。(契約月はSIM追加できない)
    → 月額486円なので金額的にはServersManと変わらない
  • プランを簡単に変更できるのがいい(月1回)
  • 専用アプリでターボ切替できるのがいい

 

これで通信費用は前と比べて月額3,000円くらい安く済む。

自宅回線(OCN モバイル ONE)2.0GB 1,188円
スマホ(Nexus5, OCN モバイル ONE) 486円
ガラケー(Docomo FOMAタイプSS_バリュー) 990円

満足!

まだ使い始めなので来月にSIM追加して追記予定。

 

< 2015/03/09 Modified >
Nexus 5用にSIM追加。設定で「MVNOの種類」を「SPN」にしないと繋がらなかった。

Nexus 5は毎日30Mも使わないくらい。

ただ自宅PCは2GBだと足りない。2週間で使いきった。4Gプランに変更しても次の月にならないと反映されない。

制限された状態だと動画さえもまともに見れないので注意。

 

 

2015年3月から「LTE-Advanced」が提供されて、有線並みの速度が手軽に利用出来るようになるかもしれない。

 

 

< Related Posts >

2015年2月17日火曜日

Open Web Boardに最新イメージを書き込む

Firefox OS WoTハッカソンに参加したときにOpen Web Boardを最新にしようとしてみたときの覚書。

環境: Windows 8.1 64bit

まずは素直に公式ページにある通りに実行してみる。

 

書き込みボタンを押しながらPCに接続すると認識してくれない。

< 2015/02/18 Modified >
rockusbドライバを使うと教えて頂いた。

 

デバイスマネージャで確認。

image

前に調べたときと同じようにGoogle ADB Driverの設定ファイル「android_winusb.inf」を編集

[Google.NTx86]

;Open Web Board Write Mode
%SingleAdbInterface%        = USB_Install, USB\VID_2207&PID_300A
%CompositeAdbInterface%     = USB_Install, USB\VID_2207&PID_300A&REV_0100&MI_01

[Google.NTamd64]

;Open Web Board Write Mode
%SingleAdbInterface%        = USB_Install, USB\VID_2207&PID_300A
%CompositeAdbInterface%     = USB_Install, USB\VID_2207&PID_300A&REV_0100&MI_01

 

PCを未署名のドライバを許可するモードで再起動する。

ドライバをアップデート。

無事認識して「Found One LOADER Device」になった。

image

これで「Run」

Test Device Start
Test Device Fail

失敗。。。既に最新バージョンだからかな?

次回試す。

 

< Related Posts >

2015年2月16日月曜日

Open Web Boardを使った開発。Firefoxに認識させるまで。

Firefox OS WoTハッカソンでOpen Web Boardをいじっているときの覚書。

事前にadbをインストールしておく。

環境: Windows 8.1 64bit, Firefox 35.0.1

 


Open Web BoardをPCに認識させる

公式サイトの手順通りにドライバをインストールする。

ドライバをアップデートしようとすると下記エラー

image

Windows 8.1はデフォルトで未署名のドライバはインストール出来ないようになっているらしい。

なので未署名のドライバをインストール出来るオプションに変更して再起動し直す。

Windowsキー → 「advanced startup」で検索 → Recovery → Restart now → Troubleshoot → Adcanced options → Startup Settings → 再起動

再起動すると起動オプションを選択する画面になるので、「7」を押して未署名のドライバを許可する。

IMG_20150215_115159

起動後はデバイスマネージャからドライバのアップデートを選べばインストール出来るはず。

adbで確認

C:> C:\Users\daiki\AppData\Local\Android\sdk\platform-tools\
C:> adb.exe devices

 


FirefoxからOpen Web Boardを認識させる

参考

HDMI経由でディスプレイに差す。

Open Web BoardにUSBマウスを接続。

設定を開いて、Developer → Remote debuggingを「ADB and Devtools」に変更。

PCでFirefoxを立ち上げて開発ツール → WebIDE

USBデバイスに出てこない。。。

Open Web Boardのバージョン

Model: rk30board
Software: Boot2Gecko 1.4.0.0-prerelease

 

Firefoxに認識させるファイルを用意する必要があるらしい。

下記ファイルを作成

C:\Users\daiki\.android\adb_usb.ini

0x2207

これでFirefoxを再起動。Firefoxが起動と同時に独自のadbで接続するらしい。

image

やっと繋がった。

接続後、新しいアプリを作成してHello Worldを実行すると動いた。

 

Open Web Boardを最新にするには下記から最新のイメージをダウンロードして手動更新する必要があるらしい。

 

 

< Related Posts >

2015年2月15日日曜日

Windows 8.1にAndroid StudioをInstallしてadbを使えるようにする

windows8_adbFirefox OS WoTハッカソンに参加するための準備として、ノートPCでadb(Android Debug Bridge)を使えるようにしたときの覚書。

環境: Windows 8.1 64bit

 

Android Studio(Android SDK)をインストール

最近はIDE付きで配布しているみたい。公式サイトからダウンロードしてインストール。

 

SDKがインストールされたフォルダ

C:\Users\daiki\AppData\Local\Android\sdk

 

起動しようとすると64bit版JDKがないと怒られたので公式サイトからダウンロードしてインストール。

jdk-8u31-windows-x64.exe

 

Android Studioを起動。

空のプロジェクトを作成。

Tools → Android → SDK Managerを起動してGoogle USB Driverとかデフォルトでチェックしてあるのをインストール。

 

Galaxy S2(SC-02C)をUSB経由でPCに繋いでみた。ドライバがインストールされて再起動が必要だった。

後で外そうとしたら下記メッセージが出たのでSAMSUNG製のドライバがインストールされたみたい。

image

 

再起動後、コマンドプロンプト(cmd)を立ち上げて試す。

ClinkをインストールしてあるとLinuxのBashっぽく操作できて便利。

C:> cd C:\Users\daiki\AppData\Local\Android\sdk\platform-tools\
C:> adb.exe devices

 

一覧が出てくれば成功。

Android Device Monitorもログ監視するのに便利だと思う。

 

< Related Posts >

2015年2月13日金曜日

引越し先で自宅回線をWiMAXにするか迷ってNTT光回線卸売りを知る

wimax_network引越しにともなって、自宅のインターネット回線をどうするか調査したときの覚書。

今の環境とかWiMAXを検討しているときに思ったこと。

  • 普段家でインターネットをすることが少ない
  • 家にいると猫達がまとわりついてくるので、休日さえ会社に行くことが多い
  • ただやるときはPSO2とか動画をみたり回線速度が必要なことをする
  • 会社(新宿)から録画したWBSをネット経由で見る
  • WiMAXにしたら場所に依存しなくていいのは魅力
  • 出先でも高速回線が使えて幸せになれるような気がする
  • 回線速度は落ちるが費用を抑えられる(?)

 

今の回線(WAKWAK)の月額(NTT tabalの請求額参照)
※19ヶ月利用
※キャッシュバックをもらった気がする。

フレッツ光利用料(NマンションHミ)

3,850円

フレッツ工事料(分割分)

1,050円

にねん割 割引料

-100円

月額割引キャンペーン 割引料

-1,000円

思いっきり割 割引料

-1,110円

消費税

131円

プロバイダ料

648円

合計

3,469円

結構安い。。。

このタイミングで解約すると解約手数料5,000円かかる。

 

これをWiMAXに変えた場合。公式サイトより

WiMAX月額

3,696円

登録料

3,000円

端末代(W01+クレードル)

4,800円

価格.comのキャンペーンを利用するとキャッシュバックがあるので、その分安く済ませれる。

実質費用的には新規「光回線」を契約してキャンペーンのキャッシュバックをもらった方が安く済む。

 

とりあえず無料で試用できるTry WiMAXに申し込んでみた。

キャリアのメールアドレスが使えないと申込書を郵送して手続きする必要がある。私の場合、そのためだけにSPモード(月額300円)を有効にした。もちろんすぐに無効にした。

 

引越し先で試してみると、問題なさそうな感じ。

SpeedSpotというアプリで計測した結果

タイプ

ピン(ms)

ダウン(Mbps)

アップ(Mbps)

光回線Wifi(引越し元)

5

7.66

40.63

WiMAX(引越し元)

45

4.90

0.35

LTE

88

0.67

1.54

WiMAX(引越し先)

55

7.41

0.45

WiMAX(引越し先)

180

2.58

0.81

WiMAX(引越し先)

55

2.62

0.77

WiMAX(引越し先)

54

3.05

0.62

引越し先では窓際で測定。

WiMAXでパラボラアンテナを作るとさらに速度がでるらしい。

 

悩んだ結果、価格.com経由で「Yahoo! BB 光 フレッツコース マンションタイプ」を申し込んだ。

Yahoo!BBに決めた理由

  • WiMAXより実質費用が抑えられる (同じだった)
  • 外で高速回線が必要な状況が今のところない
  • 他のプロバイダのキャンペーンはキャッシュバックの連絡先が変更できず、連絡来ても気付かないと思う
  • BBマルシェを試してみたい

 

価格.comの担当者と話した結果をメモ。引越し先の回線タイプが違うみたいで料金があがるらしい

フレッツ光利用料

4,590円

NTT工事費 分割

216円

プロバイダ料金

1,026円

月額合計

5,832円

キャッシュバック

-53,190円

NTT契約料(初回のみ)

864円

フレッツ光工事費(初回のみ)

3,240円

高い。。。フレッツ光恐るべし。今の契約が安い方なのかな?

53,190円 ÷ 24ヶ月 = 2,216円

なので実質費用もWiMAXと変わらない。

 

で、もう一度調べ直した。

 

最近NTTが光回線の卸売を始めたので、各社が自社ブランドで光回線を提供することが出来るようになったらしい。

異業種も参入出来るようになり、光回線戦国時代が到来したらしい。契約する前に気付くことが出来てよかった。

NTTのお膝元のOCNが月3,400円で一番安い気がする。

(追記)U-mobileの方が安かった。

 

それでも、フレッツ光時代とそんな違いはない。

あとは各社の付加価値(オプションサービス)で決める時代になったのかな。

今月から自社ブランド光回線が提供出来るようになったので、情報が出揃うまでもう少し様子を見た方がいいかも。

 

参考サイト

 

 

< Related Posts >

2015年2月11日水曜日

nvmをUpgradeしてio.jsをInstall

nodejs_iojs最近node.jsのアップデートが遅いと思ったらnode.jsからforkしたio.jsが存在することを知った。この辺の事情は下記サイトが詳しい。

さっそくio.jsをインストールして試してみたときの覚書。

環境: CentOS 6.6, nvm 0.7

 


既存のnvmをアップグレード

curlやwgetでのインストールは失敗するので、インストールスクリプトをダウンロードして実行する。

# su - node
$ curl -O
https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.23.3/install.sh
$ METHOD=script . install.sh

=> Downloading nvm as script to '/home/node/.nvm'

=> Appending source string to /home/node/.bashrc
=> Close and reopen your terminal to start using nvm

ログインし直すと下記エラー。

N/A version is not installed yet
N/A version is not installed yet

理由は分からないけれど使用中のバージョンをインストールし直す。
$ nvm install v0.12.0

無事アップグレードできたようなのでインストールスクリプトは削除
$ rm install.sh

 


io.jsをインストール

リモートのバージョン一覧を出力させるとiojsが表示されている。
$ nvm ls-remote

さっそく最新版をインストール。
$ nvm install iojs-v1.2.0
$ nvm alias default iojs-v1.2.0
$ nvm ls

node-devとnpmlistをインストール。
$ npm install -g node-dev npmlist

 


nodeプロジェクトを動かしてみる

開発中のプロジェクトディレクトリに移動して実行するとエラー。
$ cd /home/httpd/hoge/api/
$ node-dev app.js

Error: Module did not self-register.
    at Error (native)
    at Object.nodeDevHook [as .node] (/home/node/.nvm/versions/io.js/v1.2.0/lib/node_modules/node-dev/lib/hook.js:43:7)
    at Module.load (module.js:341:32)
    at Function.Module._load (module.js:296:12)
    at Module.require (module.js:351:17)
    at require (module.js:370:17)
    at Object.<anonymous> (/home/httpd/hoge/api/node_modules/mariasql/lib/Client.js:8:13)
    at Module._compile (module.js:446:26)
    at Module._extensions..js (module.js:464:10)
    at Object.nodeDevHook [as .js] (/home/node/.nvm/versions/io.js/v1.2.0/lib/node_modules/node-dev/lib/hook.js:43:7)

 

node-mariasqlに問題があるみたい。node-maysqlは無事動いた。

作者の方が忙しいみたいなので、しばらくはNode v0.10系で運用しようかな。

 

 

< Related Posts >

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives