2016年3月10日木曜日

MacにAndroid StudioをInstall

android_studio_installTitaniumの開発で複数のモジュールがGoogle Play Servicesを使っていると、重複してライブラリを参照しようとしてエラーになる。

これを回避するためにGoogle Play Servicesの必要なAPIだけライブラリにしたjarファイルを作成したくてまずはAndroid Studioからインストール。

環境: Mac OS X 10.11.3, Android Studio 1.5.1

 


1.JDK7に切り替え

使用中のJDKバージョンを確認
$ javac -version

javac 1.6.0_65

前の記事でJDK6とJDK7を共存するように設定したのでJDK7に切り替える。

インストールされているJDK全て表示
$ /usr/libexec/java_home -V

Matching Java Virtual Machines (3):
    1.7.0_80, x86_64:   "Java SE 7"     /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_80.jdk/Contents/Home
    1.6.0_65-b14-468, x86_64:   "Java SE 6"     /Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Home
    1.6.0_65-b14-468, i386:     "Java SE 6"     /Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Home

JDK7に切り替え
$ export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 1.7`

確認
$ javac -version

javac 1.7.0_80

 


2.Android Studioをインストール

公式サイトからダウンロード

dmgを開いてApplicationsにドラッグ&ドロップすれば終了。

 


3.Android Studioの設定

起動して「Install Type」を選択する画面でCustomを選択して、既にインストールされているAndroid SDKのフォルダを指定。

適当に新規プロジェクトを作ってみる。

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives