2017年11月15日水曜日

【WordPress】管理画面のメニューなどカスタマイズ

wordpress_admin-customize特定のユーザーがログインしたときに投稿一覧を表示して、不要なメニューは非表示にしたいと調査したときの覚書。

環境: WordPress 4.8.3, PHP 7.0.25



1.左のメニューから不要なものを非表示

参考

admin_initに下記のような処理をフックする。

// ダッシュボードのアクセスは投稿一覧へ
if ('/wp-admin/index.php' == $_SERVER['SCRIPT_NAME']) {
     wp_redirect(admin_url( 'edit.php' ));
     return;
}

// メニューを非表示にする
remove_menu_page( 'index.php' );
remove_menu_page( 'edit-comments.php' );
remove_menu_page( 'upload.php' );
remove_menu_page( 'profile.php' );
remove_menu_page( 'tools.php' );

// アップデートのメッセージを非表示にする
remove_action( 'admin_notices', 'update_nag', 3 );

// 左のメニューにログアウトボタンを表示
global $menu;
$menu[] = [__('Logout'), 'read', wp_logout_url()];




2.上のadmin_barも不要なメニューを非表示

参考

admin_bar_menuに下記のような処理をフックする。実行する優先順位を下げないとwp-logoとか消えなかった。

function hoge_admin_bar_menu( $wp_admin_bar ) {
     $wp_admin_bar->remove_node('updates');
     $wp_admin_bar->remove_node('wp-logo');
     $wp_admin_bar->remove_node('comments');
     $wp_admin_bar->remove_node('new-content');
     $wp_admin_bar->remove_node('my-account');
}
add_action('admin_bar_menu', 'hoge_admin_bar_menu', 999);


あとは「特定ユーザーのみ」という処理は必要。


< Related Posts >

2017年11月7日火曜日

一人社長の給与(役員報酬)を変更

yen-up起業して1年が経ち、事業も軌道に乗ってきたので、自分の給与(役員報酬)を変更しようとしたときの覚書。

環境: 一人社長、9月末決算、15日締め当月25日払い


参考サイト



1.取締役会議事録作成

参考サイトのテンプレートの必要箇所に記入して終了。

捺印済みをスキャンして印刷。日本年金機構へ提出用。



2.日本年金機構に月額変更届を提出

月額変更届の提出は2月以降でよかった。

日本年金機構ホームページに従って書類を準備。

「タ」と「チ」に変更後の月額報酬額を書いた。


提出書類

  • 被保険者報酬月額変更届
  • 取締役会議事録の写し
  • 源泉徴収簿(改定月の前の月分)
    MFクラウド給与の「帳票一覧→源泉徴収簿」で出力


間違いがあるか心配だったので窓口に行ってみてもらった。

川口市の場合は浦和年金事務所


確認したこと

  • 変更届は支払った直近3ヵ月の給与を記入するので、私の場合は11月、12月、1月の実績を記入する。
  • 改定年月は平成30年2月。
  • 「タ」と「チ」は未記入。
  • 提出は1月25日以降でよい。
  • 改定年月から60日遅延してなければ、取締役会議事録の写しと源泉徴収簿はいらない。
  • 変更額が小さいならば、そもそも変更届もいらない。私の場合は5等級変わるので必要。

7月に提出する算定基礎届で保険料は決まるので、変更届の重要性は低い。提出したときの覚書。



3.MFクラウド給与の設定変更

従業員情報から役員報酬を変更。

健康保険/厚生年金保険を変更したら保険料が変わるので、これは多分来年変更する。



< Related Posts >

2017年11月6日月曜日

PHPExcelの後継ライブラリPhpSpreadsheet

phpexcel_phpspreadsheetPHPExcelの後継ライブラリを見つけたので覚書。

PHP7に対応していて、今風の作りになっているので流行りそう。

2017/08/17にβ版がリリースされている。そのうちGAがリリースされると思う。

PDF出力にも(TCPDFなどの外部ライブラリで)対応しているみたいなので、帳票を出力する仕組みの有力候補になると思う。


< Related Posts >

2017年11月5日日曜日

KotlinでiOS開発は出来るのか調査

kotlin_xcode最近Axway Appcelerator Titaniumで開発し続けることに不安を感じていて、KotlinでiOS開発は出来るのかと調べたときの覚書。

Kotlinはクロスプラットフォーム開発に力を入れていて、iOSの公式サポートを発表した。


お正月休みに試せるような状況だと嬉しいな。


< Related Posts >

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives