2018年1月16日火曜日

【G Suite】ドメインエイリアスをプライマリドメインに。無償版から有償版に切り替え

G Suite(旧Google Apps)のドメインエイリアスをプライマリドメインに変更したときの覚書。

環境: 旧Google Apps無償版

今までGoogle Appsを利用していて無料で50人までユーザーを追加できる(現在はない無償プラン)。

トップドメインは「dksg.net」で「dksg.co.jp」など他のドメインがドメインエイリアスとしてぶら下がっている状態。

会社を立ち上げたこともあり「dksg.net」がトップドメインになっているのが気持ち悪い。従業員もいないので現状で不都合なことは何一つない。ただ「気持ち悪い」だけ。

普通に考えたら別アカウントとして有償版「dksg.co.jp」を作って無償版の「dksg.net」はそのままにしておけばいいと思う。
→ 複数管理するのは面倒くさい


参考




1.G Suite Basicに契約変更

以前の無償版では、「別のドメインを追加」が出来ないのでG Suite Basicにアップグレードする。

無償版とG Suite Basicの機能比較とアップグレード手順はこちら。

アップグレードするとまずは試用版になる。

年額6,000円/1人



2.管理コンソールから設定変更(変更前)

ドメインエイリアスをプライマリドメインに変更するまでの手順

  1. ドメインエイリアスを削除
  2. 「別のドメイン」として追加
  3. プライマリドメインに変更

ドメインエイリアスを削除後、しばらく追加できない仕様だったら困るのでサポートに問い合わせて確認。

削除後追加可能になるまで最大24時間かかるとのこと。

削除してみた。

2分後に「別のドメイン」として追加したらあっさり完了。

MXレコードの設定は変更してないので、「この手順を完了しました。」でアクティブ状態に。

ただ「プライマリに設定」が出てない。

お支払い設定を完了させる。

けど「プライマリに設定」が出てこない。

現在プライマリになっている「dksg.net」をGoogle Domainsに移管させたのが原因なのか?と思い始める。

支払い情報を見ると「15日後に有料サービスを開始」となっているので、有料サービスになると出来るようになるかもしれない。

とりあえず1/13まで待つ。


前のGoogleアカウントで登録していた影響が出そうなサービス


1/15の朝来てみたら「プライマリに設定」ボタンが出てた。



3.プライマリに設定変更

変更自体はすぐに完了。

ユーザー一覧で基本情報をプライマリに設定したメールアドレスの方に変更。

心配してたデータがなくなるとかはなく、そのまま移行されていた。


行った作業など

  • スマホからはログインし直すと表示された
  • このアカウントに接続しているSMTPの設定を変更
  • 管理画面でDKIMの設定がなくなっていたので設定し直し。


元々プライマリだった「.net」ドメインは削除する予定。

今までありがとう無償版Google Apps。


< Related Posts >

2018年1月15日月曜日

Hyper-Vを有効にしたり無効にしたり

Hyhper-v_switchAndroid エミュレータのためにHyper-Vを無効にしたり、他の開発のために有効にしたりするときの覚書。

環境: Windows 10 Pro

前はVisual Studio Emulator for Androidを使っていたけど、対応するAPIが古いので最近は使ってない。

まずはHyper-Vを有効か無効かを判断。管理者権限でPowerShellを立ち上げて
C:> bcdedit /enum

Windows Boot Loaderの「hypervisorlaunchtype」がOffになっていれば無効になっている。

これを有効にする
C:> bcdedit /set hypervisorlaunchtype auto

要再起動

Offにする場合
C:> bcdedit /set hypervisorlaunchtype off



< Related Posts >

2018年1月14日日曜日

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives