2017年6月26日月曜日

【CentOS7】開発用仮想マシンに設定するsmb.conf

samba_settingHyper-V上にある仮想マシンのSamba設定ファイルsmb.confの覚書。

環境: CentOS7, Samba 4.4.4

全文はGistに置いた。

今まで使ってたのからoplocksの設定を追記している。

確認してsamba再起動するコマンド
# testparm

[global]
         server string = Samba %v
         workgroup = VM
         log file = /var/log/samba/log.%m
         max log size = 50
         disable spoolss = Yes
         printcap name = /dev/null
         guest account = node
         map to guest = Bad User
         security = USER
         idmap config * : backend = tdb
         level2 oplocks = No
         oplocks = No
         guest ok = Yes
         hosts allow = 127. 192.168.


[opt]
         comment = Option Directory
         path = /opt
         read only = No


[httpd]
         comment = httpd
         path = /home/httpd
         read only = No


# systemctl restart smb
# systemctl restart nmb


< Related Posts >

2017年6月19日月曜日

PhpStormが固まる

phpstorm-warning他のアプリから戻ってくるとPhpStormが固まるので調査した覚書。

環境: Windows 10 Pro 1703, Java SE 8  Update 131, PhpStorm 2017.1.4


直るまでのログ

  • PhpStorm起動後、File → Invalidate Caches / Restart...してみる。
  • Event Viewerでエラーが出てないかチェック
  • Google日本語入力とJavaの相性が悪い時がある。
    → Microsoft IMEを使うようにしても固まる
  • Java SEを最新にしてみる。
  • でも最近のPhpStorm 64bit版はJREをバンドルしていて、そちらを使うので最新のJava SEをインストールしても意味ない。
    → Help → Aboutで使っているJREのバージョンを確認できる。
  • 公式サイトを参考に使用するJava Runtimeを変更できるかもしれない。
    Selecting the JDK version the IDE will run under | IDEs Support (IntelliJ Platform) | JetBrains
    → これは結局試してない
  • 特定のプロジェクトの特定の場所にカーソルを持ってくると固まる気がする。
  • .ideaを削除
  • 「そんなバカな」と思いつつ、固まる場所のコードを全部削除してFile → Invalidate Caches / Restart...する。
  • 念のためPCを再起動して、お茶を飲みながら頭を冷やす。
  • それでも再発するため、PhpStorm 2017.2 EAPをインストール。
    PhpStorm Blog | Tips & tricks, news, how-to’s


これで直った。

PhpStormのバグだったみたい。


< Related Posts >

2017年6月15日木曜日

Gitリポジトリをコピーして別リポジトリとしてプッシュ

git_copy新しくホームページを作成するときに既存リポジトリからコピーして、新しくプロジェクトを作成したときの覚書。

環境: CentOS 7.3, git 2.13.1.394.g41dd433


参考サイト


コピー元のリポジトリを別名フォルダにcloneする。
$ cd /home/httpd/
$ git clone git@gitlab.com:dksg-websites/hoge-hp.git new-project
$ cd new-project

今のリモートoriginを確認して、新しいアドレスに変更(GitLabで新しいプロジェクトは事前に作っておく)
$ git remote -v
$ git remote set-url origin git@gitlab.com:dksg-websites/new-project.git
$ git remote -v

全部プッシュ
$ git push origin --all

過去のコミットログも含めて登録されるので、過去ログがいらない場合は参考サイトのようにやれば出来るかもしれない。

サブモジュールがある場合はinitする。
$ git submodule init
$ git submodule update
$ cd wordpress/wp-content/plugins/dksg-utility/
$ git checkout master
$ git pull



< Related Posts >

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives