投稿

12月, 2016の投稿を表示しています

料金別納郵便シールをテプラを使って印刷。営業DMを送付

イメージ
透明ビニール袋に営業パンフレットと案内状を入れて、営業用DMを送ろうとしているときの覚書。透明ビニール袋はAmazonで買える。料金別納マークをどうするか調べてみた。環境: Windows 10 64bit, TEPRA SPC10 1.70, テプラ PRO SR970日本郵便公式サイトで説明があった。料金別納 表示の方法 - 日本郵便郵便局窓口で確認した要件直径20mm ~ 30mm 差出事業所名はなくてもいい 「一本線で」と言われたテプラの36mmで作ったのがこれ。24mmはギリギリ(0.5mmぐらい)20mmに届かない。画像として挿入すると荒くなるので、直接TEPRA SPC10で作った方がいい。宛名も貼った状態で郵便局に持っていくと、120円×部数の金額を払うのと送付元を別用紙に記載して完了。< Related Posts >株式会社設立①:電子定款を作成、署名、送信

カゴヤ・クラウド/VPSのサーバーにrsyslogをインストール

イメージ
カゴヤ・クラウド/VPSの最小構成でインストールしたサーバーがログローテーションしていないのに気づいてインストールしたときの覚書。ログローテーションしてなかったのはnginxのログファイル。access.logが120Mぐらいになってた。環境: CentOS 7.2.1511サービスとして登録してあるか確認
# systemctl list-unit-files --type=service | grep logYUM経由でインストール
# yum install rsyslog確認
# systemctl info rsyslog起動
# systemctl start rsyslog設定ファイルを確認
# less /etc/logrotate.conf。。。と、ここまでやってから気付いた。rsyslogはログを記録するサービス。ログローテーションはlogrotateコマンドを使う。logrotateはcronで実行される。参考サイトrsyslogを利用したログファイル作成と、logrotateを利用したログのローテーション | OXY NOTES私の場合は、開発用サーバーにrsyslogがインストールされていてログローテーションされているので、こいつが原因かと思いカゴヤVPSにもインストールした。分かったら追記予定。nginxのログは2日後にログローテーションされたのを確認。< Related Posts >CentOS7 + Nginx + PHP7 + MariaDB + Node.jsの環境を構築する手順まとめカゴヤ・クラウドVPS(CentOS)の初期設定

Titanium SDK 6.0.0.GAでAndroidモジュールをビルド

イメージ
Titanium SDK 6.0.0.GA向けにAndroidモジュールをリビルドしたときの覚書。環境: Mac OS X 10.11.6, Titanium SDK 6.0.0.GA, Android SDK Tools 25.2.3公式サイトでSDK 6.0.0.GAになって変わったところをチェックTitanium SDK 6.0.0 Changes - Documentation & Guides - 2.0 - Appcelerator Wiki< 2017/01/12 Modified >
参考になる記事を見つけた。Rebuilding Android modules for Titanium 6.x – All Titanium – Mediumantのインストールが必須ではなくなって、ビルドコマンドは「ti build」に統一するようになったみたい。ビルドし直したのはAndroid向けのプッシュ通知を受け取るモジュールDaikiSuganuma/gcm.js: GCM push notifications module for Appcelerator Titanium Android SDKmanifestを変更
$ less manifestapiversion: 3
minsdk: 6.0.0.GA
architectures: armeabi-v7a x86
ビルド実行
$ appc ti build -p android --build-onlyエラー[ERROR] Failed to run ndk-build
[ERROR]
[ERROR] jni/Android.mk:35: warning: overriding commands for target `/Users/daiki/Documents/Appcelerator_Studio_Workspace/gcmjs/build/generated/KrollGeneratedBindings.cpp'
[ERROR] jni/Android.mk:35: warning: ignoring old commands for target `/Users/daiki/Documents/Appcelerator_Studio_Workspace/gcmjs/build/…

MFクラウド給与を使ってみた。Freeeとの比較

イメージ
会社作って初めての年末調整。そろそろ準備しないとなと思って調べているときの覚書。今使っているMFクラウド会計の姉妹サービス「MFクラウド給与」が従業員1人だと無料だというので使ってみた。給与計算ソフト「MFクラウド給与」freeeとの比較給与計算ソフト freeeMFクラウド給与無料期間1ヶ月従業員1名ならずっと無料料金1~3名:19,800円/年
4名以上:1人に付き+3,600円/年2~5名:30,000円/年
6~50名:1人に付き+3,600円/年
50名以上:別途見積もり概要個人事業主に定評がある。
電子政府「e-Gov」に対応している概ね高評価。
給与計算ソフト「MFクラウド給与」を使った給与計算とその後の仕訳開始時期2014年10月2015年7月給与の締め日と支払日をいつにするか迷った。支払日は税務署に「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」を提出する際に25日と記載した。締め日は検索すると15日に締めて25日払いが計算し易いらしいので15日締めに決定。まだよくわかってない。< Related Posts >「MFクラウド会計」と「Freee」を比較してMFクラウド会計にした退職して起業した初年度の住民税の納付について調査

Node.js PM2をサーバー再起動後も自動起動するように登録

イメージ
仮想サーバーがメンテナンスで再起動してもPM2が自動起動するように設定したときの覚書。環境: CentOS 7.2.1511, Node.js 4.6.2, PM2 2.1.6PM2はNode.js向けの高機能プロセスマネージャー。自動起動のスクリプトを自動生成してくれる機能がある。PM2 - Startup Script$ pm2 startup[PM2] You have to run this command as root. Execute the following command:
      sudo su -c "env PATH=$PATH:/home/node/.nvm/versions/node/v4.6.2/bin pm2 startup linux -u node --hp /home/node"
rootになって、言われた通りのコマンドを実行してみる
# sudo su -c "env PATH=$PATH:/home/node/.nvm/versions/node/v4.6.2/bin pm2 startup linux -u node --hp /home/node"-bash: sudo: コマンドが見つかりません
sudoなしで実行
# su -c "env PATH=$PATH:/home/node/.nvm/versions/node/v4.6.2/bin pm2
startup linux -u node --hp /home/node"bash: update-rc.d: コマンドが見つかりません
platformオプションをcentosに変更して実行
# su -c "env PATH=$PATH:/home/node/.nvm/versions/node/v4.6.2/bin pm2
startup centos -u node --hp /home/node"[PM2] Done.[PM2] Now you can type
$ pm2 save
nodeユーザーになって今のプロセスリストを保存
# su - node
# pm2 save
自動起動登録されているか確認
# chkconfig --listスクリプト実体は/etc/init.d/に配置される。これを…

Appcelerator Titaniumで作った「犬猫家族」アプリ

イメージ
Appcelerator Titanium Advent Calendar 2016の5日目。今年作ったアプリの紹介。 犬猫家族 | 里親募集ができるSNSアプリ仕事とは全く関係なく思い付いたので作ってみた。 スクリーンショット 技術(Titanium)的な特徴 Titanium SDK 5.5.1.GA Alloyは使ってない ListViewを頑張ってる サーバーAPIはNode.js WordPressをフレームワーク的に使っている。画像の変換とかはNode.jsからPHP(WordPressのhook)をキックするTitaniumで良かったこと iOSとAndroidを同時開発出来るのは楽。特に修正するときに手間が省ける 慣れればiOSシミュレータで開発して、最後にAndroid端末で確認するだけで終わる サーバーはNode.jsで記述しているので全部JavaScriptで完結できる
→ 嘘です。サーバーサイドで一部PHP使ってますこのアプリの課題とか Android 6で画像を使っているListViewの描画が遅い。Wi-Fiの環境だと許せるぐらいには速い。Android 4.0.3の端末の方がなぜかサクサク
yagi_さんの記事を読んで、ここで紹介されているアプリはListViewでたくさん画像使っているのに早い。もうちょっと頑張れる気がしてきた Galaxy S7 Edge(Android6だから?)で画像を選択すると、上下逆だったりauto rotateが正しく機能しない プッシュ通知をオフにされると応募があっても気付かない。でもメール通知はしたくない
→ 応募があって返信しないとメール通知する仕組みする予定 「自分の地域で検索したい」という要望あり Instagramみたいに画像だけ敷き詰めるレイアウトの方が良かったかも 今後Appcelerator Titaniumの将来に不安があり、Firebaseも活用したいのでAndroid開発はKotlinを使ったネイティブ開発に移行していく予定。 iOSは今後もTitaniumで開発予定。< Related Posts >Titaniumで作ったサービス「たなごころ」の紹介。技術編今年のTitanium向けに書いた記事まとめとアプリ紹介2014版