投稿

9月, 2015の投稿を表示しています

CentOS7にDockerをインストール

イメージ
Dockerを理解しつつインストールして試したときの覚書。環境: CentOS 7.1, docker 1.7.1-108目次やりたいこと Dockerとは CentOS7上にDockerをインストール コンテナを起動1.やりたいことDockerで開発環境を構築 Google Container Engine(GKE)にDockerをアップロード 本番環境のバージョンアップはDockerを切り替えるだけで、サーバーメンテナンス不要に GitLab, Jenkins(Drone), Redmineとうまいこと連携して幸せに2.DockerとはまずはDockerを理解するところから。私が読んだ本はこちら。Dockerエキスパート養成読本[活用の基礎と実践ノウハウ満載!] [Kindle版]3.CentOS7にDockerをインストールDockerエンジン(DockerサーバーとDockerクライアント)をインストール
# yum install docker確認
# docker versionClient version: 1.7.1
Client API version: 1.19
Package Version (client): docker-1.7.1-108.el7.centos.x86_64
Go version (client): go1.4.2
Git commit (client): 3043001/1.7.1
OS/Arch (client): linux/amd64
Server version: 1.7.1
Server API version: 1.19
Package Version (server): docker-1.7.1-108.el7.centos.x86_64
Go version (server): go1.4.2
Git commit (server): 3043001/1.7.1
OS/Arch (server): linux/amd64サービスの起動と有効化
# systemctl start docker
# systemctl enable docker確認
# systemctl -t service「docker-storage-setup.service」がfailedになっているので実行してみる。
# docker-storag…

【Titanium】ModuleのGUIDを変えてビルド

イメージ
Titaniumの開発でGitHubにあるモジュールをcloneしてzipファイルをそのままコピーしてビルドしたら下記エラーになった時の覚書。環境: Titanium SDK 3.5.1.GAエラーメッセージUnlicensed module(s) detected. You must be a subscriber to use one or more of the modules included with this project.サポートBBSに回答があった。モジュールの追加エラー | Don't Fall - Titanium Mobileユーザー会サポートBBSモジュールのguidを変更してビルドするといいらしいのでやってみた。まずはgit cloneするところから。
$ cd Documents/Titanium_Studio_Workspace/
$ git clone https://github.com/iamyellow/TiKeyboardListener.gitモジュールのguidを変更する
$ cd TiKeyboardListener/UUIDを生成
$ uuidgenD9D4FF49-EEBD-4485-A973-91F013DF2401それを貼り付け
$ vi manifest#guid: 48556ddf-0d85-4e4e-afc0-c430bd449826
guid: D9D4FF49-EEBD-4485-A973-91F013DF2401SDKのバージョンも修正
$ vi titanium.xcconfigTITANIUM_SDK_VERSION = 3.5.1.GATitanium Studioを開いてFile → Import... → 「Existing Folder as New Project」からモジュールとしてインポート。プロジェクトを右クリック → Publish → Package - iOS Moduleから使用するプロジェクトを選択(Mobile App Project)して「Finish」< Related Posts >TitaniumアプリでPush Notification【Android版】

さくらのメールボックスのメールをGmailで送受信

イメージ
自前メールサーバーから「さくらのメールボックス」へ移行したときの覚書。「hoge.sakura.ne.jp」がさくらのメールボックス上のドメイン名だとする。目次MXレコードの設定 さくらのメールボックス管理画面でアカウント作成 GmailからSMTP設定して送信できるようにする1.MXレコードの設定ドメインの管理はValue-Domain(バリュードメイン)で管理しているのでDNSの設定からMXレコードを追加するmx hoge.sakura.ne.jp. 10
txt @ v=spf1 include:_spf.google.com a:www1234.sakura.ne.jp ~allspfは管理画面の「サーバー情報の表示」にあるホスト名を登録する。「mail.hoge.co.jp」を「hoge.sakura.ne.jp」の別名にする場合cname mail hoge.sakura.co.jp.最後のドットが必要2.さくらのメールボックス管理画面でアカウント作成「メールアドレスの管理」からアカウントを作成。この時に「メール転送」項目に転送先Gmailを追加して、「転送専用にする」にチェック。転送されるかメールを送って確認。ウェブメールにログインして個別に設定することも可能。https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/?webmail=13.GmailからSMTP設定して送信できるようにするGmailの設定 → アカウントとインポート → メールアドレスの追加「エイリアスとして扱います」のチェックを外す。確認のメールが送信される。< Related Posts >Gmail(Google Apps)経由でメールを送信するPostfixのSMTP設定[Google Apps]DNSのSPFとDKIMを設定してSecurityを高める(送信Domain認証)