投稿

3月, 2013の投稿を表示しています

Amazon EC2(AWS:Amazon Web Service)を利用する手順

イメージ
Amazon EC2(AWS)を試してみたかったので、Proxy ServerをServersman@VPSから移行してみたときの覚書。今回は新規Instanceを作成して、SSHで接続するまで。環境:Windows 7 64bit, Tera Term 4.76無料利用枠を使って、1年間無料で試せる。※超過分は課金される。クラウドサービス 無料利用枠のご案内 | アマゾン ウェブ サービス(AWS 日本語)リージョン( サーバーの置き場所)によって単価が変わってくるので、こちらで確認Amazon EC2 料金表 | アマゾン ウェブ サービス(AWS 日本語)1. AWSアカウントの作成登録後、確認のために自動音声の電話がかかってくる。この辺は下記記事を参考に。第3回:Amazon EC2導入編その3 | クラウド&サーバーホスティング完全ガイド2. Instance作成「Amazon Linux AMI 2012.09.01」を選択した。yum, chkconfigがあるのでCentOSと同じ感覚で操作できる。ちなみにシステムバージョンを確認するには次のファイルを参照する
# less /etc/system-release3. SSHで接続するDownloadした「Key Pair」をTera Termで使うように変換する。PuTTYgenをこちらからDownloadして起動。
Conversions → Import Key
認証Keyを読み込む。任意の「Key comment」と「Key passphrase」を入力して「Save private key」。今度はTera Termを起動。Host: EC2の「Public DNS」
User name: ec2-user
Passphrase: PuTTYgenで入力した値
Private key file: PuTTYgenで出力したFileこのEC2 ServerはProxy Server兼Git or Subversion Serverとして運用する予定。調査している過程で知ったRightScaleもそのうち試してみたい。< Related Posts >【CentOS】プロキシサーバーSquidのインストールして設定Poderosaの秘密鍵をTeraterm用に変換する

Titaniumで作成したアプリをApp Storeに申請してみた

イメージ
Titaniumで作成したアプリをApp Storeに申請したときの覚え書き。iOS Developer Programに登録してアカウント作成してある前提。環境: Titanium SDK 3.0.2.GA, Titanium SDK 3.3.0.GA参考にしたのは下記。Distributing iOS apps - Documentation & Guides - Appcelerator Wiki1. 証明書の作成(Macを開発用として登録)iOS Provisioning Portal → Certificates → Distributionなぜか既に登録されていたのをRevoke(取り消し).証明書を申請する。詳しくは前の記事を参考に。2. App IDを作成iOS Provisioning Portal → App IDs既に開発用で作成済みならば必要ない。3. 配布用Provisioning Profileを作成Provisioning → Distribution → New ProfileDistribution Methodに「App Store」を選択。Profile nameは分かりやすい名前に。App IDはさっき作ったのを選択。4. Xcodeで同期Xcodeを起動。Window → Organizer → Provisioning Profiles → RefreshXcode → Preferences... → Accounts → (Apple IDを選択)→ View Details → Refreshで同期してくれる。先ほど登録したprofileが表示されstatusが「Valid profile」になっていることを確認する。登録してから同期するまで少し時間がかかる(10分程度)。< 2014/12/02 Modified >
OrganizerでProvisioning Profilesを確認出来なくなっていたので修正。5. iTunes Connectでアプリ申請iTunes Connectにアクセス。Apple IDでLogin.Manage Your Applications → Add New Appから画面に従い申請する。申請する際は下記記事を先に読んでおくといいかも。iTunes Conn…

Galaxy S2(Android)をひかり電話の子機として登録

イメージ

VMware Fusion上でIE7, 8, 9, 10のTest環境を構築する

イメージ
Web Siteを構築した際にブラウザ互換性チェックのためにMacのVMware Fusion上に各種環境を構築したときの覚書。環境: Mac OS X 10.8.2, VMware Fusion 5.0.2前からテスト環境はあったけど、下記Siteを見てVMware Fusionのイメージごとダウンロード出来ることを知った。Virtual tools | Testing made easier in Internet Explorer | modern.IEmodern.IE – Web サイト互換性テストを支援する新しいツール セット - IEBlog 日本語 - Site Home - MSDN BlogsでもWindows XP + IE8の環境がない。一番確認したい環境なのに。Download CenterからVirtual Machineのイメージはダウンロード出来るので、ここからImport出来るかもしれない(試してない)。Download IE App Compat VHD from Official Microsoft Download Center< Related Posts >VMware Fusion上のMacのDisk容量を拡張するVMware FusionにVirtual MachineとしてMac OS X LionをInstallする方法

Android携帯Xperia ActiveのPre-Install Applicationを削除する方法

イメージ
DefaultでInstallされているアプリは管理画面で削除できないので、削除する方法を調べた時の覚書.もちろん自己責任で。※これ1年ぐらい前に下書きした記事なので情報が古い※今ならADW.Launcherで見えなくすれば十分おかしくなったり復活させたいアプリがある場合は、前の記事を参考に「修復」をすれば買った時の状態に戻せると思う。環境:
Windows 7 Home Premium 64bit (英語版)
Xperia Active Build number 4.0.1.A.0.2841. Android SDKをInstallJREがInstall済みだったので念のためUninstallしてから、JDK(Java Development Kit)を新たにDownloadしてきてInstall. その後、Android SDKをDownloadしてきてInstall. 今のVersionはr14.Install後にAndroid SDK Managerが起動して、他のPackageをDownloadするか聞いてくるので、一応下記を選択前の記事でPC CompanionをInstallして、Xperia用USB driverが入っているのでその辺後で問題にならないかちょっと心配。ここで再起動しておく。2. Android端末を接続してShellにAccess端末の設定。Settings → Applications → DevelopmentUSB debugging Stay awake にCheck.これでPCと接続。なぜかPC Companionが
「新しい携帯電話のソフトウェアバージョンが利用できます(4.0.2.A.0.42」
と言ってきた。
開発Modeで接続すると違うのか?
と思いながら、Updateしてみた。タイミングが良かっただけかもしれない。Update後、念のためPC Companionは自動起動しないようにして終了する。再度Androidを接続して確認。PowerShellから、PS > cd "C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk\platform-tools"
PS > .\adb.exe shell lsを打ってFile一覧が出てくればAndroid…