投稿

10月, 2018の投稿を表示しています

iPad+VGAアダプタ+PowerPoint+プレゼンリモコンの環境構築

イメージ
昔買ったノートPCは重いので、いつも持ち歩いているiPadを使ってスマートにプレゼンする方法を調査したときの覚書。環境: iPad Pro 9.7 MLMP2J/A, iOS 12.0.1, Office 365 BusinessiPad用のVGAアダプタは一年前に買った。プレゼン環境:ノートPC+Android vs iPad + VGAアダプタ
目次iPad + Keynote + iPhoneで実現できないか?iPadで使えるプレゼンリモコンを探すiPad + VGAアダプタ + PowerPoint + R500の感想
1. iPad + Keynote + iPhoneで実現できないか?iPhone SEを持っているので、Windowsで作ったPowerPointをKeyNoteで開いてiPhoneでリモート操作する方法。
諦めた理由PowerPointをKeynoteに変換するとレイアウトが崩れる

2. iPadで使えるプレゼンリモコンを探すiPad + PowerPoint + iPhoneは現在できない。iPadで使えるプレゼンリモコンを探してこれにした。Logicool R500 Laser Pointer Presentation RemoteAmazonで購入、5,075円。「R500GR」と表記されていた。
これにした理由iPad(iOS)対応安定の単4電池。エネループで長く使えそうBluetooth Low Energy対応で電池の減りを気にせず使えそう上位製品のSPOTLIGHTに惹かれたけど、値段が高いしPCと連動して真価を発揮するので、こっちで十分他社製品はiOS11で動かないなどのレビューがあったiOS12で問題なく動作した。
3. iPad + VGAアダプタ + PowerPoint + R500の感想感想レビューなどGoogle Driveに保存したPPTファイルをiPadで開いたあと「コピーで保存する」をしないとリモコンが効かないスライドの縦横比を4x3で作成するとiPad全画面になる保存するときに「ファイルにフォントを埋め込む」オプションを有効にしておけばWindowsで作ったPPTでも崩れない
(モリサワフォントは埋め込み保存できなかった)iPadでリモコンの電池残量が見えるのが便利ペアリングはレーザーボタンと戻るボタンを同時長押し…

PWA(Progressive Web Apps)の概要

既存のWordPressで作られたホームページをPWA対応させようと調査したときの覚書。やりたいことは「ホームに追加」ボタンを表示して、スマホのアプリみたいにしたい。ゆくゆくはプッシュ通知も実装したい。環境: WordPress 4.9.8
目次PWAとは開発環境を作るmanifest.jsonを置いてみる
1.PWAとはProgressive Web Appsの略ブラウザで閲覧しているウェブを「ホーム画面に追加」することでアプリっぽく利用することができる技術。
参考サイトProgressive Web Apps | Google Developersはじめてのプログレッシブ ウェブアプリ | Google Developers概要は動画(英語)が分かりやすい
ポイントGoogleが推し進めていて今後ウェブ技術の1つの柱になりそうオフラインでもキャッシュを参照することができて、オンラインの場合は最新情報を表示可能「ホーム画面に追加」されればプッシュ通知とかできるiOSのSafariでも対応してきているけどプッシュ通知はまだ出来ないTwitterがアプリとPWA対応ウェブの両方あるので、パフォーマンスなどの違いを確認するのにいい「ホーム画面に追加しますか?」のポップアップが出るとイラっとくるので、この仕組みが改善されれば広まると思う
2.開発環境を作るPWAはセキュアな環境でないと動かない。httpsとかlocalhostでないと開発もできない。詳しくは下記。Prefer Secure Origins For Powerful New Features - The Chromium Projects当方の環境はローカルネットワーク越しのVM上で開発しているので、自前の証明書を使うことにした。長くなったので別記事で。開発環境をHTTPS化。自前の認証局でSSL証明書を署名
3.manifest.jsonを置いてみるまずは既存のホームページにmanifest.jsonを置いてみる。必要事項を入力するだけで作ってくれるサービスを使う。App Manifest Generator
公開しているルートディレクトリにおいてヘッダーに追記<link rel="manifest" href="/manifest.json">
その他、デスクトップ…

介護職場の「働きやすさ」評価・認証制度

会社の「ウェブリク」サービスとの相性が良さそうなので覚書。「働きやすさ」を評価・認定してホームページに掲載できる制度が始まるみたい。厚労省が「働きやすい事業所」を認証する新制度を発表!ホワイト化しない介護職への切り札になるか|みんなの介護ニュース2019年から始まるので、この情報はちゃんと追っていきたい。

Androidの次期OS(?)Google製「Fuchsia」

最近「Fuchsia」という単語を目にするようになったので調べたときの覚書。「Fuchsia」はGoogleが開発しているOS。2016年8月公開。Linuxカーネルを使っておらずモバイルを意識した新しいカーネル。Google Fuchsia - WikipediaGoogleの第3のOS「Fuchsia」がAndroidに置き換わる?真相と今後の動向について | TECH::NOTE|テックノート|テクノロジー学習やエンジニア転職に役立つ情報を発信しています
まだどうなるか分からない。合わせて紹介される「Dart」言語。Googleが2011年に発表した言語。JavaScriptの置き換えを目的としていたがいまいち流行らず、聞かなくなっていた。Dart - Wikipediaそれが、Dart言語をベースにしたFlutterというツールが発表され注目を集めるようになってきた。Dart言語によるモバイルアプリ(iOS/Android)開発フレームワークFlutterがベータを開始 | TechCrunch Japan
Dart2がモバイルアプリ向け開発プラットフォームを主軸におくことで再燃。クロスプラットフォームはどの言語(ツール)がシェアを獲得するか過渡期な感じ。
サーバーサイドはNode.jsに勝てなかったみたい。GoogleがFuchsiaを本気で広める気があるなら、Dart言語を学んでおいた方がいいかもしれない。
< Related Posts >KotlinでiOS開発は出来るのか調査Android開発するのにJava互換の言語「Kotlin」を調査