投稿

2月, 2014の投稿を表示しています

Redmine 2.4.3に日本語用テーマとメールを設定

イメージ
前回Alminiumから素のRedmineに移行したときの続き。環境: CentOS 5.9, Redmine 2.4.3
日本語の環境でも見やすいテーマを導入する下記を参考に。日本語環境で読みやすいRedmine用テーマ「farend basic」公開 | Redmine.JP Blogfarend fancy」を導入してみる。# cd /opt/redmine/
# git clone git://github.com/farend/redmine_theme_farend_fancy.git public/themes/farend_fancyredmineにログイン後、管理 → 設定 → 表示 → テーマで「Farend fancy」を選択する。GmailのSMTPサーバー経由でメール送信する設定下記を参考に。メール通知のためのconfiguration.ymlの設定 | Redmine.JP# vi config/configuration.ymldefault:
  email_delivery:
    delivery_method: :smtp
    smtp_settings:
      enable_starttls_auto: true
      address: "smtp.gmail.com"
      port: 587
      domain: "smtp.gmail.com"
      authentication: :plain
      user_name: "info@hoge.jp"
      password: "pass"再起動
# /etc/rc.d/init.d/redmine restartredmineにログイン後、管理 → 設定 → メール通知で「テストメールを送信」をクリックするとログインしているユーザー宛にメールが送信される。< Related Posts >Ruby + Redmine + UnicornをInstallしてALMiniumから移行Project管理をRedmineでするためにALMiniumをInstallと設定

Ruby + Redmine + UnicornをInstallしてALMiniumから移行

イメージ
AWSの無料期間が終わるので、ALMiniumでインストールしたRedmineを別のサーバーに素のRedmineとして移行したときの覚書。環境(移行元): Amazon Linux AMI release 2013.09, Redmine 2.2.3, ruby 1.9.3, apache 2.2.26環境(移行先): CentOS 5.10 x86_64, Redmine 2.4.3, ruby 2.1.1, nginx 1.4.4目次バックアップ 移行先に最新のRubyをインストール Redmine用のデータベース作成 Redmineのインストール Redmineの初期設定 unicornのインストール nginxの設定 移行元からデータを移行参考Redmine 2.4をCentOS 6.4にインストールする手順 | Redmine.JP Blog1.バックアップ# mysqldump -u alminium -p alminium > alminium.sqlパスワードはデフォルトの場合「alminium」圧縮してダウンロードする
# tar czvf alminium_20140226.tgz alminium.sql2.移行先に最新のRubyをインストール既にインストール済みの古いRubyを削除# yum list installed | grep ruby
# yum remove ruby ruby-devel ruby-libs ruby-modeコンパイルに必要なパッケージは既にインストール済みだったので省略。# wget http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.1/ruby-2.1.1.tar.gz
# tar xzvf ruby-2.1.1.tar.gz
# cd ruby-2.1.1
# ./configure --disable-install-doc
# make
# make installbundlerのインストール# gem install bundler --no-rdoc --no-ri3.Redmine用のデータベース作成phpMyAdminで作成したので省略。文字コード(charset)は「utf8mb4」4.Redmineのインストール# cd /opt
# wget http:/…

Parallels Pleskがインストールされている環境でYUMを使う

イメージ
サーバーの管理を任されたときに、今までPleskを使って管理されていた環境でYUMを実行しても大丈夫かどうか調査。環境: CentOS 5.5, Parallels Plesk Panel 10.4.4公式では大丈夫といっている。KB Parallels: OSのパッケージマネージャを用いてシステムパッケージのアップデートを行なうことは安全かただし、yum.confの設定で競合するかもしれないパッケージを更新しないように設定する。# vi /etc/yum.conf# Avoid conflict for Parallels Plesk
# @see http://kb.parallels.com/jp/234
exclude=kernel* sendmail bind-chroot caching-nameserver# yum clean all
# yum update大量にソフトウェアが更新されるので、どこかで競合が起きないかドキドキする。。。無事終わった様子。ちなみにPleskの設定の影響でPHPが実行できないので、apacheの設定をするときは下記のようにしないと動かない。<Directory "/var/www/vhosts/hoge.jp/httpdocs">
  php_admin_flag engine on
</Directory>このサーバーで事務の人がメールアカウントを管理しているので、Pleskは削除できない。使用料を取られているPleskを削除してPostfix Adminを入れたい。

猫が数日お留守番出来るように自動給餌器と自動給水器を買う

イメージ
ニャンコたちに1日お留守番してもらう必要があったので、指定した時間になったらフードが出てくる自動給餌器と自動給水器を探してみた。環境:生後10ヶ月のオスとメス2匹買ったのはこれ。Amazon.co.jp: 山佐時計計器 わんにゃんぐるめCD-600: ペット用品声を録音できるが品質が悪く違和感がある。
1匹1台がベストだけど、普段は使わないのでコストパフォーマンスは悪い。
ペットシッターを使うならいらないと思う。
Amazon.co.jp: ジェックス ピュアクリスタル全猫用: ペット用品水の交換が5日~1週間に一度で済むようになった。普通に飲んでくれる。
正月1週間実家へ帰っている間はペットシッターの人にトイレの掃除をしてもらってた。1週間後帰ってみると、黒猫(♂)がガリガリで三毛猫(♀)がプックリしてた。どうやら黒猫はペットシッターの人が怖くて隠れてたみたい。三毛猫は物怖じしないので、自動給餌器から出てきた餌を全部食べてたみたい。今度はちゃんと仲良く分け合いながら食べるかチェックしなきゃ。< Related Posts >猫のトイレ臭い対策でデオトイレを買ってみる猫を向かい入れるために猫用品を揃える

SubversionからGitへ移行。Bitbucketを利用する

イメージ
自前サーバーのSubversionで管理しているソースコードをBitbucketへ移行しようかと迷ったときの覚書。環境:CentOS 5.9 i386BitbucketはGitHubのようなバージョン管理ホスティングサービス。Private Repository(非公開のリポジトリ)を無制限に作れる。下記記事が詳しい。GitHubとBitbucketの比較:Webデザイナーの業務にはBitbucketが向いている | Internet | ウェビンブログSubversionのリポジトリをGit用に変換するのは下記記事を参考にした。Latest topics > SubversionからGitに移行した - outsider reflexまずはsvn-gitを使えるように外部レポジトリEPELを追加。
# wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
# rpm -ivh epel-release-5-4.noarch.rpmgit-svnをInstall
# yum update
# yum install git-svn結局Subversionで困ってないので、まだ移行していない。。。< Related Posts >MacをMavericksにしたらTortoiseSVNのコミットが失敗するGitHubのWindows Client "Git for Windows"をInstall。TortoiseGitも設定。Mac ServerにSubversionを設定してVersion管理SubversionをCompileしてsvnコマンドを使用(RPMとYUMを使う方法を追記)

[Node.js] Server SideでGoogle Analytics (Universal Analytics)を使ったアクセス解析

イメージ
アプリのアクセスをGoogle Analyticsでトラッキングするための覚書。環境:nodejs v0.10.24, express 3.4.82013年からGoogle Analyticsの新バージョン「Universal Analytics」が使用可能になり、APIも刷新されて、より使いやすくなった。An Easy Way to Upgrade to Universal Analytics - Analytics BlogAnalytics Collection - Google Analytics - Google Developers既にNPMからUniversal Analyticsに対応したモジュールを利用できる。peaksandpies/universal-analytics - GitHubこのモジュールはクライアントのユーザーエージェントを設定したり、ログインしたユーザーを識別する仕組みを提供してくれているので使いやすい。サンプルコードvar ua = require('universal-analytics');app.all('/1/*', function(req, res, next) {
  var visitor;
  var uuid, userAgent;  // User-Agent of app client
  userAgent = (req.headers) ? req.headers['user-agent'] : null;
  // UUID for detecting app login user
  uuid = (req.session) ? req.session.uuid : null;  visitor = ua('UA-XXXX-XX', uuid, {
    headers: {
      'user-agent': userAgent
    }
  });
  // Send to Google Analytics
  visitor.pageview(req.url).send()  // Continue
  next();
});アプリからログインした際にUUIDを生成して、セッションに保存しておく。Google Analytic…

ニュース記事を取得するのにBing Search APIを試してみた

イメージ
Google Web Search APIが「Deprecated」になっていつ使えなくなるか分からないので、代替となるサービスを探したときの覚書。参考サイトニュース取得APIいろいろ | DrunkBoarder | yuki_B's web siteGoogle Custom Search APIを調べてみても「ニュース」だけにカテゴリを絞る方法が分からない。そこでサムネイル画像が取得出来ないけど、安心感のあるBing Search APIを試してみた。参考サイトBing Search API を使いたいと思ったのでPythonでラッパーを作ってみた - [[ともっくす alloc] init]Bing Search API プログラミング解説だけど。。。実際に使ってみて困ったのが、キーワードを指定するときに「OR」「AND」などのSyntaxが使えない。
公式のBing Query Languageにあるオペレーターは効かなかった。結局、使えなくなるまではGoogle先生にお世話になることにした。< Related Posts >【PHP】Google AJAX Search APIを使ってニュース記事を取得Google ニュースのAPIを商用利用できるかとYahooとの比較