投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

digコマンドでDNS(名前解決)の変更を確認

イメージ
ホームページを切り替えるときにDNSが浸透したか確認することが多いのでコマンドを覚書。環境: CentOS 7.5
参考サイトLinuxでDNSを使った名前解決やレコードのTTLを調べてみた
Windowsのコマンドプロンプトからnslookupを使うことも多いけど、digの方がキャッシュ時間(TTL: Time To Live)を表示してくれるので、DNSの変更の確認には使いやすい。(客先で保守するためにWindowsコマンドに慣れておくと便利)digがインストールされていない場合はYUM経由でインストール。
# yum install bind-utils使ってみる。
# dig dksg.co.jp;; QUESTION SECTION:
;dksg.co.jp.                    IN      A;; ANSWER SECTION:
dksg.co.jp.             1199    IN      A       133.18.53.15;; Query time: 82 msec
;; SERVER: 8.8.8.8#53(8.8.8.8)
;; WHEN: Sun Jun 24 20:05:18 JST 2018
;; MSG SIZE  rcvd: 55「dksg.co.jp」は1199秒キャッシュされる。
DNSサーバーは8.8.8.8ローカルのルーター(192.168.10.1)をサーバーに設定して実行する。
# dig dksg.co.jp @192.168.10.1;; QUESTION SECTION:
;dksg.co.jp.                    IN      A;; ANSWER SECTION:
dksg.co.jp.             1019    IN      A       133.18.53.15;; Query time: 1298 msec
;; SERVER: 192.168.10.1#53(192.168.10.1)
;; WHEN: Sun Jun 24 20:08:20 JST 2018
;; MSG SIZE  rcvd: 55
watchコマンドを使って、5秒間隔で実行する。
# watch -d -n 5 dig dksg.co.jp @192.168.10.…

ホームページにOpen Graphを埋め込んでFacebookにURLを張り付けられたときの見え方をコントロール

イメージ
Facebookページと連動しているサイトを制作しているときの覚書。Facebookで誰かがシェアしたときやメッセンジャーでURLを張り付けた際にプレビューされる画像やタイトルを設定する方法。サイトのヘッダーにOpen Graphのタグを埋め込む。<meta property="og:url"         content="http://hoge.com/test.html" />
<meta property="og:type"        content="article" />
<meta property="og:title"       content="タイトル" />
< meta property="og:description" content="要約" />
< meta property="og:image"       content="http://hoge.com/key-visual.jpg" />
詳細は公式サイトを参考にウェブ管理者 - シェア機能 - ドキュメンテーション - 開発者向けFacebook
見え方をテストするツールがある。昔は「Linter」だったけど、今は「シェアデバッガー」という名前に変わったらしい。デバッガー - 開発者向けFacebook
< Related Posts >Bloggerにfacebook用のOpen Graphを設置

「株式会社匠グループ」のホームページ制作

イメージ
最近は病院だけでなく介護系のホームページも作成している。この前作ったのは訪問マッサージをメインにしている株式会社匠グループのホームページ。こんな感じ。株式会社匠グループデザインも気に入って頂いて制作自体はとんとん拍子で進んだけども、最大の難点が旧ホームページから転送が出来ない。ドメイン移管やFTPなど、いろいろと調整したけどもうまくいかなかった。
3ヵ月以内には新ホームページが旧ホームページより検索すると上位に来てほしい。
< Related Posts >WEBサービスのブランディング【健康経営】医療の力を人材力に。「産業医プロ」のホームページを制作