2018年2月27日火曜日

Markdownを編集するのにAtomからVisual Studio Codeに切り替え

atom_visual-studio-codeAtomよりVisual Studio Codeの方が使いやすいという噂を聞いて試したときの覚書。

環境: Windows 10


目次

  1. インストール
  2. フォントの設定
  3. キーバインドを変更
  4. Markdown編集用の設定



1.インストール

公式サイトからダウンロード



2.フォントの設定

フォントは「Migu 1M」を設定する。

File > Preferences > Settingsでeditor.fontFamilyの左にある鉛筆マークをクリックするとUser Settingsが開くので’Migu 1M’を設定。シングルクォーテーションで囲むのを忘れずに。

保存するとすぐに設定が反映される。



3.キーバインドを変更

File > Preferences > Keymap ExtensionsからEmacs Keymapをインストール。

あとはFile > Preferences > Keyboard Shortcutsでカスタマイズする。

saveは「Ctrl + S」

Shrink Select(カーソルのある位置にある単語を選択)を「Ctrl + W」



4.Markdown編集用の設定

MarkdownのプレビューはCtrl + Shift + Vで表示。

デフォルトでカーソルがあるところを追尾してくれるのが便利(Atomでもプラグインで対応可能)。

その他のショートカットはこちら。Help > Keyboard Shortcut Referenceでも確認できる。


プレビュー画面を編集したりする方法も公式サイトの記事が分かりやすい。


とりあえず下記プラグインをインストールしてみた。



< Related Posts >

2018年2月13日火曜日

WordPressでMarkdown記法で投稿するプラグインを作る

markdown_htmlWordPressで記事を投稿するときにMS Wordで下書きを書いていたけれど(このブログはWindows Live Writerを使っている)、WordPressの標準ではテーブルを挿入出来ないので、マークダウン記法で下書きも投稿も出来れば幸せになれると思って調査したときの覚書。

環境: Windows 10 Pro, WordPress 4.9.4

下書き(PC上)はAtomエディタを使えばプレビューしながら書いていける。


WordPressの管理画面から投稿したときはHTMLに変換するプラグインが必要。

有名なのが「jetpack by WordPress.com」

たくさんある機能の中にMarkdown対応も入っている。

変換するときに使っているのが「Markdown Extra」というPHPライブラリ


jetpackプラグインを使うと不要なフックやアクションが挿入されて嫌なので、自分用プラグインを作ることにした。

参考になったのは、このプラグイン。


PHP Markdown ExtraはMarkdownからHTMLに変換するだけなので、戻すライブラリが必要。

を最初試してみたけど、Markdown Extraに対応してないので下記に変更。


composerでライブラリをインストールして下記処理をする。

それぞれpost_typeをチェックする処理を入れてる。



< Related Posts >

2018年2月3日土曜日

WEBサービスのブランディング

webrec-blog起業して1年経ち制作事例も出来たので、サービスのブランディングを考えているときの覚書。

参考にした本


WEBサービスはこちら。


まずやったこと。

  • 営業パンフレットを一から見直し/作り直し
  • サービスロゴを作成
  • 専用サイトを作成


さらにやろうと思うこと。

  • 関連ブログを書いてコンテンツマーケティング


< Related Posts >

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives