2013年3月31日日曜日

Amazon EC2(AWS:Amazon Web Service)を利用する手順

amazon_ec2_signup Amazon EC2(AWS)を試してみたかったので、Proxy ServerをServersman@VPSから移行してみたときの覚書。今回は新規Instanceを作成して、SSHで接続するまで。

環境:Windows 7 64bit, Tera Term 4.76

無料利用枠を使って、1年間無料で試せる。※超過分は課金される。

 

リージョン( サーバーの置き場所)によって単価が変わってくるので、こちらで確認

 

 

1. AWSアカウントの作成

登録後、確認のために自動音声の電話がかかってくる。この辺は下記記事を参考に。

 

 

2. Instance作成

「Amazon Linux AMI 2012.09.01」を選択した。

yum, chkconfigがあるのでCentOSと同じ感覚で操作できる。

ちなみにシステムバージョンを確認するには次のファイルを参照する
# less /etc/system-release

 

 

3. SSHで接続する

Downloadした「Key Pair」をTera Termで使うように変換する。

PuTTYgenをこちらからDownloadして起動。
Conversions → Import Key
認証Keyを読み込む。任意の「Key comment」と「Key passphrase」を入力して「Save private key」。

image

今度はTera Termを起動。

Host: EC2の「Public DNS」
User name: ec2-user
Passphrase: PuTTYgenで入力した値
Private key file: PuTTYgenで出力したFile

このEC2 ServerはProxy Server兼Git or Subversion Serverとして運用する予定。

調査している過程で知ったRightScaleもそのうち試してみたい。

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives