投稿

【2021年版】一人社長の年末調整

電子化されたりでやり方が変わっていたので覚書。 環境: 株式会社、埼玉県川口市、社員1名(一人社長)、6年目 1.源泉所得税を申告して納税 まずは1/20までの源泉所得税申告と納税から。 MFクラウド給与で12月分給与を確定。 帳票一覧から所得税徴収高計算書(特納)をダウンロード。 e-Taxの「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書(納期特例分)」から申告して続けてダイレクト納付する。 2.年末調整 MFクラウド年末調整で作業する 年末調整一覧から追加する。 作成した年末調整の設定をする 基本設定: 従業員の申告書提出締切日を未来の日付にする(提出期限を過ぎていると入力できない) インポート: クラウド給与から各種データをインポートする 対象・対象外一覧: 「課税支給額の累計」が表示されているのを確認 申告書回収・確認一覧から従業員(自分)に提出依頼をかける=提出依頼済みにする ホームに戻り「提出する年末調整があります」から控除申告書を入力 申告書回収・確認一覧から「確認済」→「年末調整を確定済み」 帳票一覧から下記書類をダウンロード。マイナンバーを印字する。 源泉徴収簿 源泉徴収票 給与支払報告書 法定調書合計表から法定調書合計表を再集計→エクスポート MFクラウド給与の1月給与計算でメニュー → 過不足税額をインポート 3.e-Taxで国税を電子申告 e-Taxで作業する 給与所得の源泉徴収票等の法定調書(及び同合計表)の提出 【提出枚数100枚以内】 給与所得の源泉徴収票を作成 MFクラウド年末調整の源泉徴収票を参考に入力 個人番号を入力 給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表の作成 MFクラウド年末調整の法定調書合計表と同じになるように入力 署名して送信 受信通知の画面をPDFで印刷して保存 4.eLTAXで市税を電子申告 MFクラウド年末調整で作業 給与支払報告書で「総括表の再集計」 プレビューして総括表をダウンロード。 MFクラウド年末調整でもeLTAXと連携する機能があるようだけれど、電子証明書を取得するのに手数料が掛かるようなので止めた。 電子証明書の取得方法と注意事項 | マネーフォワード クラウド年末調整 CSVだけでなく個別入力も出来るようになったようなので、今後のためにeLTAXでやってみた。 公式マニュアルを参考に。 給与支払報告書、給

ホームページで年会費をオンライン決済するサービス比較

年会費をホームページ上で簡単に決済できるサービスを調べた時の覚書。 サービス/決済手数料 Google Pay /無料 Amazon Pay /3.9% PayPal /3.6%+40円 Square /3.75% LINE Pay /3.45% ドコモd払い /3.24%? ざっと調べた感じGoogle Pay + LINE Payかな? 振込用紙の郵送料を考えたら元は取れると思う。

CentOS8にlibsxgとnginx-sxg-moduleをインストールして設定

SEO対策のためにGoogle Signed Exchange(SXG)を実装しようとしているときの覚書。 環境: CentOS Stream 8, nginx 1.20.2 参考サイト Google 検索での Signed Exchange | Google 検索セントラル | Google Developers How to set up Signed HTTP Exchanges (SXG) using nginx ビルドツールをインストール # dnf install cmake libsxgをインストール git cloneする。 # cd /opt/software/ # git clone https://github.com/google/libsxg # cd libsxg/ そのままビルドする。 # mkdir build # cd build/ # cmake .. -DRUN_TEST=false -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release # make # make install install_manifest.txtにインストール場所が記載されている。 ライブラリがインストールされたか確認 # ldconfig -p | grep libsxg ない。。。 「/usr/local/lib」はデフォルトでパスが通っていないから。 パスを通して再読み込みして確認。 # cd /etc/ld.so.conf.d/ # echo /usr/local/lib > user-local-lib.conf # ldconfig # ldconfig -p | grep libsxg         libsxg.so.0 (libc6,x86-64) => /usr/local/lib/libsxg.so.0         libsxg.so (libc6,x86-64) => /usr/local/lib/libsxg.so libsxgのインストール完了。 Nginx用SXGモジュールをインストール git cloneしてtagを見る。 # cd /opt/software/ # git clone https://github.com/google/nginx-sxg-module # cd nginx-sxg

機械学習プロジェクトの進め方:CRISP-DM

機械学習プロジェクトを進めているときの覚書。 ウォーターフォールやアジャイルなどのシステム開発モデルのようなものが、機械学習(人工知能)プロジェクトにあるか専門家に聞いたら「CRISP-DM」というのを教えてもらった。 CRISP-DMの概要 読み:クリスプディーエム。 Cross-industry standard process for data miningの略。 データ分析のための開発モデル。 各工程と具体的なタスクが論理的にまとまっている。 「data mining」はデータの中から有益な情報を取り出すという意味。 wikipediaが分かりやすい。 Cross-industry standard process for data mining - Wikipedia データマイニング - Wikipedia CRISP-DMの工程(プロセス) IBMのドキュメントが分かりやすい。 CRISP-DM ヘルプの概要 | IBM Docs 工程一覧と概要 ビジネスを理解する (Business Understanding) データ分析によるビジネス目標を明確にし文書化する データを理解する (Data Understanding) 実際のデータにアクセスし、ビジネス目標を達成できそうか検討する データを準備する (Data Preparation) データを取捨選択し、計算できる数値に変換する(クリーニング)。 この工程がプロジェクト全体の50%~70%の時間。 モデリングを行う (Modeling) 適切なモデリング手法を選択し実行する モデルを評価する (Evaluation) ビジネス目標を達成するための有益な情報を引き出せているか評価する モデルを組み込む (Deployment) 製品やサービスにモデルを組み込む データ分析では計画(PDCAのPlan)を重視しているのが特徴。 ビジネス目標を忘れ迷走する(無駄に時間だけ掛かる)プロジェクトが多いらしい。 【関連記事】 ビーコンを使ったサービス

マイナポータルとねんきんネット

自分が入退社した年月日を調べるために年金記録を参照しようと調査しているときの覚書。 マイナポータルでねんきんネットにアクセスして閲覧できる。 マイナポータル 下記やってみた マイナンバーカードの健康保険証利用申請 ねんきんネット(日本年金機構)と連携 「つなぐ」してから連携中のまま3日後にまた「つなぐ」表示に。 再度「つなぐ」をクリックすると今度は数分で連携した。 メンテナンス前の土曜日にやったのが原因かもしれない。 MyPost(日本郵政)と連携 e-私書箱(野村総合研究所)と連携 年金関係 → すべて を選択し取得しようとしてもエラーになる。 同じ操作を数日後に実行したら、PDFダウンロードまで進んだけど、詳細な取得喪失年月日までは記載されていない。 ※ 結局入退社の年月は郵送の年金定期便で確認した。 ねんきんネット連携の追記 ねんきんネット連携後、ねんきんネットへ移動し年金記録を確認すると月別で納付状況を確認できる。 月の途中で退職した場合は会社側が社会保険料を負担する必要はないので、実際の退職日とは違う可能性がある。 起業時の3ヵ月間は国民健康保険料が全額免除になっていた(どう手続きしたか覚えていない)。 追納はオンラインではできないみたい。 それができるようになれば便利なのにね。 【関連記事】 社会保険の算定基礎届を指定会場で提出 株式会社設立④:社会保険

フォントのファイル形式とProN、UD書体の意味を理解する

モリサワフォントディクショナリーに書いてあったことが有用だったので調べ直したときの覚書。 参考サイト フォント - Wikipedia ファイル形式(新しい順) OpenTypeフォント 1997年4月にv1発表。最新版v1.8.2 TrueTypeをベースにPostScriptを収録できるようにした形式。 汎用性があり現在主流。 TrueTypeフォント AppleがPostScriptに対抗して開発。1990年初版発表。 Windows環境で標準的なフォント形式として採用された。 MacはTrueTypeとPostScriptを両立。 現在はTrueTypeとPostScriptを両方扱えるOpenTypeが主流。 PostScript(CID/OCF)フォント Adobeが開発。PostScript言語によるアウトラインフォント。 時期はPostScript言語が1985年に発表されて間もなくだと思う。 当初は革命的だったがライセンスが高すぎてTrueTypeフォントの開発が進んだ。 OCFフォントとその後継のCIDフォントについてはwikipediaが分かりやすい OCFフォント - Wikipedia ProN、Pr6Nの意味 「N」が付くのはJIS2004に対応したOpenTypeフォント。 従来のJIS90と字形が違う。 「Pro」「Pr6」はAdobe-Japan1の規格の違い。 「Std」はAdobe-Japan1-3、「Pro」はAdobe-Japan1-4、「Pr6」はAdobe-Japan1-6。 規格が増えていくと収録フォント数が多くなる。 新規作成する場合は最新規格でJIS2004に対応した「Pr6N」を使う。 UD書体 ユニバーサルデザイン書体(Universal Design)の略。 9と6、Iとlと1のような似た字体の違いを明確にして視認性と判読性を重視した書体。 高齢や外国の方にも読みやすいということで、広報誌などにはUD書体を使用していこうという流れ。 【関連記事】 TrueType, PostScriptなどFont関連用語とFont一覧表示

Chrome DevToolsのEmulated DevicesにPixel 6 Proを追加

Google ChromeのDevToolsにPixel 6 Proの画面サイズを追加したときの覚書。 CSS Bootstrap のBreakpoint用。 結論としては下記情報をデバイスエミュレーターに追加。 [Device name] Pixel 6 Pro [Dementions]  412x892(Device pixel ratioは空欄) [User agent string] Mozilla/5.0 (Linux; Android 12; Pixel 6 Pro) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/95.0.4638.74 Mobile Safari/537.36 Pixel 6 Proを購入したので下記サイトにアクセスして確認した。 mydevice.io : web devices capabilities IPアドレスや画面解像度など確認くん - instant tools ちなみにiPhoneの場合は下記サイトが参考になる iPhone/iPad/Apple Watch解像度(画面サイズ)早見表 - Qiita 各デバイスの画面サイズ一覧は日本語では「CSSピクセル」、英語では「css viewport list」で検索すると出てきやすい。 Device pixel ratioを計算 最初はDevice pixel ratioを計算しようとしたけど途中であきらめた。 Google Pixel 6 Pro スペック・仕様 - Google ストア 6.7 インチ、 QHD+(1440 x 3120)LTPO OLED、512 ppi、アスペクト比 19.5:9 Pixel density - Wikipedia High DPI Images for Variable Pixel Densities - HTML5 Rocks 【関連記事】 anyDensity="false"から脱出するためにAndroidの画面サイズ関連を理解する