投稿

ttfをwoff2に変換

アイコンフォントを作成した際にwoff2へ変換するやり方を調査したときの覚書。

環境: CentOS 7.7.1908

Google先生がGitHubで公開しているプログラムがあったのでインストールしてみた。
google/woff2 | GitHub
$ git clone --recursive https://github.com/google/woff2.git
$ cd woff2
$ make clean all

試しに実行してみる。
./woff2_compress BootstrapIcons.ttf

変換元と同じディレクトリに出力された。

容量比較
svg: 421kb
ttf: 121kb
woff: 121kb
woff2: 29.7kb

思ったより圧縮された。


【関連記事】
Bootstrap IconsのSVGアイコンを使うCentOS6にfontcustomをInstallしてWebフォントを作成

Bootstrap IconsのSVGアイコンを使う

Bootstrap v3からそろそろv5に向けて移行しようかと調査しているときの覚書。
今まではアイコンフォントを便利に使っていたけど、これからはSVGアイコンの時代らしい。

環境: Node.js 10.19.0

参考
WEB制作のワンポイント! SVGアイコンを使うワケ | PINTO!アイコンフォントからSVGへ!より手軽にベクター画像を表示しよう |  WebクリエイターボックスCan I use... Support tables for HTML5, CSS3, etc
使いたいのはBootstrap Icon。2020年3月時点でalpha3
Bootstrap Icons · Official open source SVG icon library for Bootstrap
使い方はsvgファイルを1つのファイルにまとめてIDで呼び出す。
Icon System with SVG Sprites | CSS-Tricks

実際にやってみる。
まずはBootstrap Iconsをインストール
$ npm install bootstrap-icons --save-dev

node_modules/bootstrap-icons/icons/にsvgファイルがある。
これを一つのsvgファイルにまとめる。
コマンドライン版のsvgstoreをインストール。
GitHub | svgstore/svgstore-cli$ npm install -g svgstore-cli

下記コマンドを実行
$ svgstore -p 'bi-' --inline -o bootstrap-icons.svg node_modules/bootstrap-icons/icons/*.svg

作成されたbootstrap-icons.svgをエディタで開いて確認する。
一つにまとめたsvgファイルは非表示にするため、svgタグにclassを追加しておく。

bodyタグの直下でsvgファイルを読み込む。


適当なところにID記述。


CSS(SCSS)に追記。
//
// Bootstrap Icons
//
svg.defs {
  display: none;
}
.bi {
  display: inline-block;
  position: rela…

FreePBX管理ページのメニュー概要【設定編】

FreePBX管理ページの調査覚書。

環境: FreePBX Distro 1910, FreePBX 15.0.16.20, Asterisk 16.6.2

シリーズ記事
FreePBX管理ページのメニュー概要【アドミン編】FreePBX管理ページのメニュー概要【アプリケーション編】FreePBX管理ページのメニュー概要【接続編】FreePBX管理ページのメニュー概要【レポート編】
設定 → 高度な設定 (Advanced Settings) いろいろなその他の設定 変更した設定 SIP暗号化: yesSIP Channel Driver: chan_pjsip 参考: Advanced Settings - PBX GUI - Documentation
設定 → Asterisk IAX 設定 (Asterisk IAX Settings) IAX(Inter-Asterisk eXchange)の設定。 参考: Asterisk IAX Settings - PBX GUI - Documentation
設定 → Asteriskログファイル設定 (Asterisk Logfile Settings) ログファイルの日付形式、ローテーション形式など設定。
設定 → Asterisk Manager Users (Asterisk Managers) Asteriskに接続できるアプリケーションおよび権限を設定 参考: Asterisk Managers User Guide - PBX GUI - Documentation
設定 → Asterisk Rest Interface Users REST APIでの接続を管理。 参考: Asterisk REST Interface Users Module - PBX GUI - Documentation
設定 → Asterisk SIP 設定 (Asterisk SIP Settings) SIP(Session Initiation Protocol)の設定。 参考: Asterisk SIP Settings - PBX GUI - Documentation
設定 → 内線設定 (Extension Settings) 内線のステータスの一覧表示。 設定できる項目はない。レポートの下にいるべきな…

FreePBX管理ページのメニュー概要【レポート編】

FreePBX管理ページの調査覚書。

環境: FreePBX Distro 1910, FreePBX 15.0.16.20, Asterisk 16.6.2

前シリーズ記事
FreePBX管理ページのメニュー概要【アドミン編】FreePBX管理ページのメニュー概要【アプリケーション編】FreePBX管理ページのメニュー概要【接続編】
レポート → Asterisk情報 (Asterisk Info) Asteriskのバージョン、チャンネル状態、接続しているクライアントなどを表示。
参考: Asterisk Info Module User Guide - PBX GUI - Documentation

レポート → Asteriskログファイル (Asterisk Logfiles) /var/log/asteriskにあるログファイルを参照可能。
参考: Asterisk Logfiles - PBX GUI - Documentation

レポート → CDRレポート (CDR Reports) CDR(Call Detail Reports)
通話ログを検索/参照可能。
参考: CDR Reports Module - PBX GUI - Documentation

レポート → Call Event Logging ベータ版

レポート → PHP情報 PHPとApacheの情報



【関連記事】
FreePBX Distro(CentOS7 + Asterisk16)をインストール

FreePBX管理ページのメニュー概要【接続編】

FreePBX管理ページの調査覚書。

環境: FreePBX Distro 1910, FreePBX 15.0.16.20, Asterisk 16.6.2

シリーズ記事
FreePBX管理ページのメニュー概要【アドミン編】FreePBX管理ページのメニュー概要【アプリケーション編】

接続 → API アプリなど外部からアクセスするためのアクセストークンを管理。
OAuth2.0に対応しているので、こういう所で開発の「しっかりしている感」を感じる。
参考: API - PBX GUI - Documentation


接続 → DAHDIチャンネルDID DAHDIチャンネルは電話のアナログ回線。
DIDはDirect Inward Dialingの略。直通電話番号。
参考: DAHDI (Analog) Channel DIDs - PBX GUI - Documentation

接続 → DAHDi DAHDIは電話回線に接続するためのドライバ。
PCに直接モデムを接続する場合、DAHDI経由で制御する。
参考: DAHDI Configs - PBX GUI - Documentation

接続 → Digium Phones Digium Phonesサービスを利用する場合に使う。
参考: Digium Phones Module - PBX GUI - Documentation

接続 → Firewall FreePBX専用のFirewall設定。
参考: Firewall - PBX GUI - Documentation

接続 → インバウンドルート (Inbound Routes) 外線を指定の宛先に設定可能。
参考: Inbound Routes Module - PBX GUI - Documentation

接続 → アウトバウンド発信制限 (Outbound Call Limiting) 有償モジュール。
外線発信を制限できる。
参考: Outbound Call Limiting - PBX GUI - Documentatio

接続 → アウトバウンドルート (Outbound Routes) 内線から外線を掛けるときの経路設定。
参考: Outbound Routes Module - PBX GUI - Documentation

FreePBX管理ページのメニュー概要【アプリケーション編】

FreePBXを理解しているときの覚書。

環境: FreePBX Distro 1910, FreePBX 15.0.16.20, Asterisk 16.6.2


シリーズ記事はこちら。
FreePBX管理ページのメニュー概要【アドミン編】

アプリケーション → AMD Settings AMD(Answering Machine Detect)
留守番電話機能に関する設定

アプリケーション → アナウンス システムに登録された録音データを再生したあとの挙動を制御。
参考: Announcements Module User Guide - PBX GUI - Documentation

アプリケーション → 予約リマインダー (Appointment Reminder) 有償モジュール。
音声案内で予約できる。
詳細: Appointment Reminder - FreePBX

アプリケーション → Broadcast 有償モジュール。
スケジュールを設定して、自動で電話を掛ける。
テレアポの営業用?
参考: Broadcast XactDialer - PBX GUI - Documentation

アプリケーション → カレンダー カレンダーを追加してイベントを作成できる。
参考: Calendar Module - PBX GUI - Documentation

アプリケーション → Calendar Event Groups 登録したカレンダーをグループ分けできる。
参考: Calendar Event Groups Module - PBX GUI - Documentation

アプリケーション → コールフロー制御 (Call Flow Control) 機能コードが呼び出されたときに手動で音声を切り替える。
自動で切り替える場合は「時間分岐条件(Time Conditions)」を使う。
参考: Call Flow Control Module - PBX GUI - Documentation

アプリケーション → 通話録音 (Call Recording) 特定の通話を自動録音する設定が可能
参考: Call Recording Module User Guide - PBX GUI - Documentation

アプリケーション → コー…

VoIPプロトコルIAX(Inter-Asterisk eXchange)

SIPを使うよりIAXというプロトコルの方が高品質な通話可能という情報があったので調査したときの覚書。

参考サイト
【日本語】Inter-Asterisk eXchange - Wikipedia【英語】Inter-Asterisk eXchange - Wikipedia

IAX特徴まとめ
IAXはSIP+RTPの弱点を克服するために生み出された。1つのポート(通常4569)でセッション確立とメディアストリームをやり取りする。1つのデータストリームでセッション信号とメディアストリームを多重化可能。単一のリンクで複数チャンネルの多重化をサポートしているので、拠点間のIP-PBXを繋いでもオーバーヘッドが少ない。(1つのデータストリームだから)ファイヤーウォールやNATを容易に超えることができる。通常IAXといえばIAX2を指す。暗号化も容易。SIP+RTPと比較して汎用性はなく対応ソフトは少ない。

対応クライアント一覧
Asterisk IAX clients - VoIP-Info


【関連記事】
FreePBX Distro(CentOS7 + Asterisk16)をインストールセッション確立プロトコルSIP(Session Initiation Protocol)