投稿

Windows10にImageMagick7.10をインストール(scoop経由)

CentOSにImageMagick7をインストールするのは手間取りそうだったので、Windowsなら簡単にできるかもと思って調査したときの覚書。 やりたいことはJpegをAVIFに一括変換するスクリプトを作ること。 出来るだけファイルサイズが小さくなるライブラリを使い、メンテナンスしやすい仕組みにしたい。 環境: Windows10 pro Scoopというパッケージ管理にImageMagickがある。 Scoopのインストールは前の記事を参考に:  Windows10にDart Sassをインストール 検索してインストール。 PS C:> scoop search imagemagick PS C:> scoop install imagemagick ダウンロードに時間が掛かる。。。 インストール完了。 Notes ----- - The bundled ffmpeg has been renamed to 'ffmpeg.exe.old' to prevent conflict with a standalone ffmpeg installation - if you need it for ImageMagick tools, rename it back to 'ffmpeg.exe'. - 'convert.exe' is deprecated in v7 (it also conflicts with the builtin Windows 'convert' utility). Use 'magick convert ...' instead. 変換してみる。 imagemagick6と同じくmogrifyコマンドは使えるのが嬉しい。 PS C:> cd /path/to/projects PS C:> mogrify -quality 80 -format avif -path ./ ./key-visual.jpg 少し時間がかかるけど変換完了。 他のツールで生成した画像と見比べる。 ウェブアプリ版のSquoosh がサイズと画質のバランスがいい。   【関連記事】 JpegからAVIFへ変換するためのコマンドラインツールSquoosh,

ImageMagick-heicをdnf経由でインストールできなかった

RemiリポジトリにImageMagick-heicを見つけて、avif変換が簡単にできるかもと思ったときの覚書。 環境: CentOS Stream 9 Remi's RPM repository Remiリポジトリをインストールする。 # dnf install https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-9.rpm # dnf search heic --enablerepo remi # dnf install ImageMagick-heic --enablerepo remi Error:  Problem: package ImageMagick-heic-1:6.9.12.67-1.el9.remi.x86_64 requires libheif.so.1()(64bit), but none of the providers can be installed   - cannot install the best candidate for the job   - nothing provides libjxl.so.0.6()(64bit) needed by libheif-1.12.0-4.el9.remi.x86_64   - nothing provides libde265.so.0()(64bit) needed by libheif-1.12.0-4.el9.remi.x86_64   - nothing provides libx265.so.199()(64bit) needed by libheif-1.12.0-4.el9.remi.x86_64 libheifに紐づくlibjxl, libde265, libx265が必要といわれた。 それらをビルドするのは面倒。 【関連記事】 JpegからAVIFへ画像変換のためにvipsを調査 AVIFとは。HEIFやWebPとの違い。 CentOS9にImageMagick6.9をdnfからインストール

JpegからAVIFへ画像変換のためにvipsを調査

前の記事でAVIFがWebPの半分くらいになると分かったので、もっと簡単にJpegから変換できないかと調べているときの覚書。 参考:  JpegからAVIFへ変換するためのコマンドラインツールSquoosh, sharp, cavif 環境: CentOS Stream 8(仮想マシン), ImageMagick 6.9.12-67 Node.js製「sharp」は libvips を内部で使っているというのでvipsについて調べる。 libvips公式サイト パッケージ管理にあるというので検索してみる。 # dnf search vips ない。。。 remiリポジトリをインストールしてみる。 参考:  Remi's RPM repository # dnf install http://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-8.rpm 検索 # dnf search vips あった。 vips-devel.x86_64 : Development files for vips vips-heif.x86_64 : Heif support for vips vips-magick-gm.x86_64 : Magick support for vips using GraphicsMagick vips-magick-im6.x86_64 : Magick support for vips using ImageMagick6 vips-magick-im7.x86_64 : Magick support for vips using ImageMagick7 vips-openslide.x86_64 : OpenSlide support for vips vips-poppler.x86_64 : Poppler support for vips vips-tools.x86_64 : Command-line tools for vips ん?ImageMagick6で使えるようになるのかな?と思いインストールしてみる。 (怖かったのでスナップショットを取ってから) # dnf install vips-magick-im6 ImageMagickの対応フォーマットの確認 # convert -lis

AVIFとは。HEIFやWebPとの違い。

AVIFを開発に導入しようとしているときの覚書。 AVIFとは。 AV1 Image File Formatの略。 AVI動画圧縮コーデックを用いたHEIF画像ファイルフォーマット。 非営利団体のAlliance for Open Mediaが開発。 AV1 - Wikipedia High Efficiency Image File Format - Wikipedia AV1はオープンかつロイヤリティフリーな動画圧縮コーデック。 Googleが開発しているVP9をベースにしており、特許料が発生するHEVC(H.265)の置き換えを目指している。 AVIFはSafariとGoogle Chromeで対応済み。 Microsoft Edgeは未対応(近いうち対応すると思う)。 "avif" | Can I use... Support tables for HTML5, CSS3, etc 拡張子は AVIFとHEIFの違い。 HEIF(High Efficiency Image File Format)はISOで定義された画像ファイルフォーマット。 読みは「ヒーフ」。 HEIF自体はただのコンテナ(規格)。 特許使用料が発生するHEVC(H.265)コーデックを格納しているファイルは拡張子が.heicまたは.heif。 AV1コーデックを格納しているファイルは拡張子が.avif。 AVIFとWebPの違い。 WebPはVP8動画コーデックを用いた画像ファイルフォーマット。 VP8はGoogleが開発したオープンかつロイヤリティフリーな動画圧縮コーデック。 GoogleがVP8の技術を応用してWebPを開発。 WebP - Wikipedia AVIFはVP9をベースにしたAV1コーデックを用いておりVP9からAV1に移行するらしいので、実質AVIFはWebPの後継。 参考: Successor: from VP10 to AV1 | VP9 - Wikipedia 参考:  後継:VP10からAV1へ|VP9 - Wikipedia 【関連記事】 JpegからAVIFへ変換するためのコマンドラインツールSquoosh, sharp, cavif ホームページ開発に画像形式WebPを導入 JPEGについて再勉強。Baseline JPEGとPro

自作PCのパーツ一覧(2022年12月)

10年選手になる仕事用PCを刷新しようと前の環境を調べているときの覚書。 下記パーツを2013年5月購入。 ASUSTek ATXマザーボード P8H77-V P8H77-V|ASUS|株式会社アユート PCパーツ・VR・オーディオ等周辺機器 総合代理店 Intel CPU Core i7 3770 3.4GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770(4コア) インテル® Core™ i7-3770 プロセッサー Fractal Design ミドルタワーPCケース Define R4 Black Pearl FD-CS-DEF-R4-BL Define R4シリーズ | Fractal Design ミドルタワー型PCケース | 株式会社アスク GreenMax Plus 650 GZ-EMS65A-C1 Rev2(PC電源ユニット650w) DDR3メモリ 8GBx2 ビデオカードは2019年4月にNVIDIA Quadro P1000へ換装。当時約45,659円。 NVIDIA Quadro P1000 - 株式会社 エルザ ジャパン 最近のビデオカードはPCI Express 4.0だがPCI Express 3.0のマザーボードでも差がないという記事があった。 PCIE3.0とPCIE4.0でグラボ性能に差が出るのか RTX3080を使って検証 | あさくひろくPCゲーミング ざっと調べた感じビデオカードだけ変更して様子をみるのもいいかもしれない。 価格.com - ASUS TUF-RTX3070TI-O8G-GAMING [PCIExp 8GB] 価格比較 現時点の最安値が86,771円。 購入したPCパーツ 結局CPUとマザーボードを換装することにした。 Ryzen 7 5700X BOX(8コア、3.4GHz - 4.6GHz)/30,700円 価格.com - AMD Ryzen 7 5700X BOX 価格比較 ASUS TUF GAMING B550-PLUS/18,282円 TUF GAMING B550-PLUS|マザーボード|ASUS 日本 DDR4メモリ 8GBx2/5,780円 合計54,762円。 これで動かしてみてビデオカードを買い替えるか決める予定。 【関連記事】 Windows10をクリーン

svgからwoff2へ変換するNode.js製「grunt-webfont」

fontcustomがエラーを吐くようになったので、 fontforgeを使った svgからwoff2へ変換する方法を探しているときの覚書。 環境: CentOS Stream 8, fontforge 20200314, Node.js v18.9.1 最近も更新されている下記Node.js(Grunt)製ツールを試してみた。 L2jLiga/grunt-webfonts: SVG to webfont converter for Grunt ドキュメントに従い依存関係のあるソフトのインストール # dnf install fontforge ttfautohint ttfautohintはリポジトリになかった。 そのまま進める。 grunt-webfontをインストールする。 # su - node $ cd /path/to/project/ $ npm install grunt grunt-webfont --save-dev npm WARN EBADENGINE Unsupported engine { npm WARN EBADENGINE   package: 'svg-pathdata@1.0.0', npm WARN EBADENGINE   required: { node: '0.10.*' }, npm WARN EBADENGINE   current: { node: 'v18.9.1', npm: '8.19.3' } npm WARN EBADENGINE } WARNINNGが出たけどとりあえず進める。 Gruntfile.jsを作る $ vi Gruntfile.js module.exports = function(grunt) {   grunt.loadNpmTasks('grunt-webfont');   grunt.initConfig ({     webfont: {       icons: {         src: 'fonts/svg/*.svg',         dest: 'fonts/icons',         options: {           font: 'i

svgからウェブフォントwoff2に変換するNode.js製ツール

fontcustomがエラーで変換に失敗するようになったので代替コマンドを探しているときの覚書。 環境: CentOS Stream 8, Node.js v18.9.1 Node.jsを使うのが汎用的で良さそう。 tancredi/fantasticon: Icon font generation tool jaywcjlove/svgtofont: Read a set of SVG icons and ouput a TTF/EOT/WOFF/WOFF2/SVG font. シンプルそうなfantasticonを試す。 インストール。 $ npm install fantasticon --save-dev package.jsonにコマンドを書く。   "scripts": {     "font": "fantasticon ./fonts/svg --output ./fonts/icons --name icons --font-types woff2 woff --asset-types css html"   } 実行 $ npm run font 一部 iconmonstr でダウンロードしたsvgの変換が上手くいっていない。 変換には内部でfontforgeを使うツールがないか探すことにした。 【関連記事】 CentOS Stream 8 + Ruby + fontcustomをインストール 【CentOS】SVGをWOFFなどのWebフォントへ変換するfontcustomをインストール